ガラッパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
境港市水木しげるロードに設置されたガラッパのブロンズ像

ガラッパは、南九州に伝わる妖怪河童に似た名前の通り、単に河童の訛りとも言われるが、河童に似た別の妖怪という説もある。鹿児島県薩摩川内市川内川に生息しているというのが全国的に有名。本記事では後者として述べる。

概要[編集]

川辺に住み、頭にがあり、春と秋に山と川を行き来するといわれていることなどは、河童と共通している[1]

目に見えずに声や音だけが聞こえる正体不明の化け物とも言われている[2]。特定の人にしか見えないともいう[3][4]

外見[編集]

一般の河童より手足が長いのが特徴で、座ると膝が頭より高い位置にくる[5]

性格[編集]

悪戯が大好き。山中で驚いたり道に迷ったりするのはすべてガラッパの仕業とされる[1]

人間から理不尽な攻撃を受けた場合は必ず仕返しをしたと伝えられている。山でガラッパの悪口を言うと必ず仕返しされ、特に悪口を言った者が靴を履かずに裸足だった際には、その悪口は数kmまで離れたガラッパの耳にも届くという[1]

悪戯好きの反面、恩義を忘れない性格とされる。熊本県では、川で悪さをしたガラッパをある者が懲らしめ、もう悪さはしないよう言い聞かせた上で許して逃がしてあげたところ、その川では水難が起きなくなったという[6]

かつて数多くの悪戯を働いたガラッパたちも、現在ではいつも考えごとをして静かに振舞っているという説もある[7]。これについては、かつてガランデンドンというガラッパの神が、鹿児島の神社でガラッパたちを集めて悪事を働かないよう説得し、戒めの文字を石に刻み、その石がある限りガラッパは悪さができないとされている[8]

人間の仕事を手伝う話も多い。熊本には薬売りに膏薬の作り方を教えた話や[6]、魚採りを手伝ってくれる話がある[6]。特に魚については、ガラッパと友達になることで面白いように魚が沢山取れるという。また鹿児島の薩摩川内市では、田植えを手伝った話が残されている[9]

[編集]

ヒョーヒョーと鳴くとされる。実際にはこの声の主は小鳥のトラツグミとされるが、一説によればガラッパの神秘性を保つため、敢えてこのことは公にされていないという[2]。他に大正時代に鹿児島で、夜来て倒木や矢を射る音をさせたり、フンフンフンと鳴いたという話もある[10]

嗜好[編集]

一般の河童に増して女好きであり、鹿児島の伊佐郡などでは、ガラッパが人間の色気に惑わされて川に落ちたという、「河童の川流れ」ならぬ「ガラッパの川流れ」の伝承がある[11]

同じく鹿児島の熊毛郡屋久島町では、ガラッパに犯されて妊娠した女の話が伝わっており、その女は胎内のガラッパに肝を食べられたため、やがて死んでしまったという。産まれた子は焼き殺されそうとしていたところ、どこかへ消えたという[12]

趣味[編集]

種子島には、ガラッパに相撲で挑まれた子供の逸話がある。その子供はガラッパを投げ飛ばしたものの、次から次へとガラッパが現れ、何度投げ飛ばしてもきりがない。遂に相撲に負けた子供は、妙な色を口に塗られて家に帰り、長い間目を覚まさなかったという[13]

薩摩川内市の五代町では、何日もガラッパの相撲につきあっていた者が、やがて病気になって死んでしまったとも伝えられている[14]

弱点[編集]

仏飯(仏壇に供えるご飯)が弱点。熊本では、仏飯を口にしたガラッパが力を失ってしまったという伝承がある[6]。また伊佐郡や薩摩川内市では、仏飯を食べた人間や動物に対しては、ガラッパは恐れて近寄らないと言われている[11][14]

光り物の金属類も大の弱点のひとつで、ガラッパの難を避けるにはこれを身に付けると良いとされる[11]

その他、伊佐郡では人間の歯を恐れているとも言われている[15]。また、鹿児島の大島郡では網が嫌いとされ、網をかぶることでガラッパの難を逃れた者の話が伝わっている[5]

その他[編集]

大島郡の瀬戸内町では、善行を行なわなかった人間が海で死ぬと、その霊魂がガラッパになると伝えられている[16]

川内市(現在の薩摩川内市川内地域)では、赤ちゃんの歯が生え始める際に下より上の方が先に生えると、川でガラッパに引きずり込まれるとされ、赤ちゃんの名前を改名すると共に、人形を作って川に流すという[14]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、120頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ a b 山田慶晴「川内のガラッパ」、『鹿児島民俗』通巻75号、鹿児島民俗学会、1982年3月、 31-36頁。
  3. ^ 中田敬子他「浦田部落」、『種子島研究』通巻2号、鹿児島県立種子島高等学校郷土研究部、1964年8月、 11頁。
  4. ^ 今野円輔編著 『日本怪談集 妖怪篇』 社会思想社現代教養文庫〉、1981年、61頁。ISBN 978-4-390-11055-6
  5. ^ a b 三宅宗悦「南島の旅」、『ドルメン』3巻9号、岡書院、1934年9月、 65頁。
  6. ^ a b c d 丸山学「肥後葦北のヤマワロ」、『民間伝承』14巻8号、日本民俗学会、1950年8月、 18-24頁。
  7. ^ 【10】ガラッパ”. 水木しげるロードの妖怪ち. 境港市観光協会. 2010年12月12日閲覧。
  8. ^ 小野重郎. “民間伝承 31巻3号 ガランドン(伽藍様)”. 怪異・妖怪伝承データベース. 国際日本文化研究センター. 2010年12月12日閲覧。
  9. ^ 丸山学. “みんぞく 通巻16号 民俗信片 七”. 怪異・妖怪伝承データベース. 2010年12月12日閲覧。
  10. ^ 松谷みよ子 『現代民話考』1、筑摩書房ちくま文庫〉、2003年、199頁。ISBN 978-4-480-03811-1
  11. ^ a b c 松崎正治「伊佐の民話(八)」、『南九州郷土研究』通巻11号、南九州郷土研究会、1971年2月、 85-86頁。
  12. ^ 安山登「口永良部島の伝説(下)」、『南九州郷土研究』通巻15号、1971年10月、 18頁。
  13. ^ 浦口チズ子他「塰泊の民俗」、『種子島研究』通巻1号、1963年11月、 22頁。
  14. ^ a b c 山田慶晴「川内のガラッパ(後編)」、『鹿児島民俗』通巻76号、1982年9月、 38-47頁。
  15. ^ 松崎正治「伊佐の民話(三)」、『南九州郷土研究』通巻4号、1970年1月、 36頁。
  16. ^ 登山修「奄美大島瀬戸内町の民間信仰」、『南島研究』通巻22号、南島研究会、1981年12月、 32頁。

関連項目[編集]