ガラスの花 (高田みづえの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガラスの花
高田みづえシングル
初出アルバム『ガラスの花/愛の終りに』
B面 ドミノ
リリース
規格 シングルレコード
録音 1982年
日本の旗 日本
ジャンル ポップス
時間
レーベル テイチクレコード
作詞・作曲 谷村新司
チャート最高順位
高田みづえ シングル 年表
愛の終りに
(1982年)
ガラスの花
(1982年)
通りすぎた風
1983年
テンプレートを表示

ガラスの花」(ガラスのはな)は、高田みづえの17枚目のシングル1982年9月10日テイチクレコード(ユニオンレコードレーベル、現・テイチクエンタテインメント)から発売された。

解説[編集]

  • 前作「愛の終りに」より6ヶ月ぶりのシングル。1982年発売の高田のシングルは「愛の終りに」と本曲のみである。
  • 本曲はオリコンチャート累計売上10万枚を記録した。ちなみに1982年12月31日放送の『第33回NHK紅白歌合戦』へ3年連続5回目の出場を果たし、本曲を歌唱した。
  • サビ部分のバック・コーラスには同曲の作詞・作曲・編曲者でもある谷村新司が担当した。
  • 本作はアルバム『ガラスの花/愛の終りに』にも収録されている。
  • 谷村も1984年発売のアルバム『抱擁-SATIN ROSE-』の中でセルフカバーしている。

収録曲[編集]

(全作詞:谷村新司、作・編曲:谷村新司・梅垣達志

  1. ガラスの花
  2. ドミノ