ガラクトサミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガラクトサミン
Galactosamine.png  D-(+)-Galactosamine Structural Formulae V.1.svg
IUPAC名2-アミノ-2-デオキシ-D-ガラクトース
別名α-D-ガラクトサミン
分子式C6H13NO5
分子量179.171
CAS登録番号7535-00-4
融点180 °C塩酸塩
SMILESO=C[C@H](N)[C@@H](O)[C@@H](O)[C@H](O)CO

ガラクトサミン(Galactosamine)は、ガラクトースから誘導されたヘキソサミンである。このアミノ糖は、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)のようないくつかの糖タンパク質ホルモンを構成している。FSHとLHにはガラクトサミンの他にグルコサミンガラクトースグルコースが含まれている。

関連項目[編集]