ガムテープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガムテープ

ガムテープ粘着テープの種類。本来、クラフト紙の片面に水溶性の(ガム)を塗り、乾燥させた上で細長い帯状にしたものであるが、現在では梱包用の粘着テープに対して広くこの呼称が使われる。

歴史[編集]

ガムテープはトーマス・エジソンが発明した[1]。日本では1923年にアメリカから製造機械と原料が輸入されて製造が始まっている。

旧来のガムテープ[編集]

剥離のための表面処理を施す必要がないため、表面はクラフト紙のままで、ざらついているのが特徴。使用する際には、再湿糊が塗られた面にをつけ、糊を再活性化した上で貼付する(一般的な郵便切手と同様)。使用時に必ず水を要するため、たいていは専用のガムテープディスペンサーを使用する。段ボール箱の封緘、梱包のほか、伝票類の背貼り、電球類の包装に多く使われている。水溶性の糊を使用し、剥離剤や合成樹脂系接着剤などの非水溶性樹脂を使っていないので、貼付使用後、再生紙としてリサイクルする際に剥がす必要がない。また、表面に剥離剤がないので、ガムテープを重ねて貼ったり、他の粘着テープ類を重ねて貼ることもできる。

いわゆる「ガムテープ」[編集]

ガファーテープ(布粘着テープ)

現在では使用時に水を必要としない梱包用テープが大部分であり、これらも一般には「ガムテープ」と呼ばれる。いくつかのメーカーはこれを誤りとしている[2][3]。ただし、「ガムテープ」は商標登録されていないため、幅広の粘着テープの総称として「ガムテープ」という言葉を用いることに法的な問題はない。

正式には、基材の種類により以下のように分類される。

アメリカでは、ガムテープ以上の強度と粘着力を有し本来は配管工事に用いられる「ダクトテープ」 (Duct tape) が非常に一般的である(3M社に至ってはダクトテープ素材で出来た救急絆創膏「Nexcare Bandage」を製造発売している)。

特殊な用法[編集]

  • ガムテープ(主として布粘着テープ)を貼り合せ、暗所で思い切りはがすと剥離面が瞬間的に発光する。摩擦ルミネセンス(トリボルミネセンス)現象によるもの。Nature誌において、この蛍光にはX線が含まれているという論文が掲載された[4]
  • キャンプなどでガムテープを着火剤の代用として使う人もいる。
  • 針や糸などで縫製を行わずガムテープだけでバッグを作ることができ、その技術は特許出願中である。[5]

主なメーカー[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『エジソン』 桜井信夫 2009年 ポプラ社 ISBN 9784591110478
  2. ^ 三陽工業株式会社>ガムテープとは~ガムテープの誤解を解く~
  3. ^ 冨士工業株式会社>世間一般にガムテープと呼んでいるのは、正しくはガムテープではない(2009年3月22日時点のアーカイブ
  4. ^ Carlos G. Camara; Juan V. Escobar; Jonathan R. Hird; Seth J. Putterman (October 2008). “Correlation between nanosecond X-ray flashes and stick-slip friction in peeling tape”. Nature 455: 1089-1092. doi:10.1038/nature07378. 
  5. ^ 『ガムテープでつくるバッグの本』 中島麻美 2009年 池田書店 ISBN 9784262152769

外部リンク[編集]