ガベス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Gabes Minaret.jpg

ガベスアラビア語: قابس )はチュニジア共和国ガベス県の県都。

略史[編集]

紀元前:ガベスはかつてカルタゴ領の町だった。紀元前2世紀の第2次ポエニ戦争ののちガベスはローマ帝国の支配下に入り、その名もタカペに変わった。

7世紀:イスラム世界の版図入り(アル・ファタハ・ル・イスラム:イスラムの解放)。ムハンマドの側近シディ・アブー・ルーババ・ル・アンザリがガベスに着任。

1881年:ガベス、フランス保護国に。

1940年:ガベス、ドイツの支配下に。

1943年:ガベス、連合軍により再度フランスの支配下に。この際の戦闘で市街のインフラに深刻な被害。

1945年:ガベスの再建開始。

1956年:ガベスはチュニジア独立によりフランスの支配から離脱。

教育機関[編集]

経済[編集]

ガベスはチュニジア最大級の工業都市である。化学産業が多く、ガベス大学の化学の学士号はアフリカで高い評価を得る。主要産業は次のとおり。

  • セメント
  • 化学工業
  • レンガ製造
  • 石油精製

工場の急増によりこの地域やガベス湾の汚染は深刻化している。近年政府は新規計画を立ち上げ町の公害対策を法制化した。

観光[編集]

ガベスはジャラ地区の伝統的なスーク、海浜や珍しい海辺のオアシスで知られる。ガベスは地中海岸に位置し、街の南部ジェルバ島への道沿いにレマヤビーチなど砂浜が点在する。政府はこの一帯で観光開発を計画中である。

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯33度53分 東経10度07分 / 北緯33.883度 東経10.117度 / 33.883; 10.117


外部リンク[編集]