ガブリエリュス・ランズベルギス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Gabrielius Landsbergis, December 2016 (31623508776) (cropped).jpg

ガブリエリュス・ランズベルギス(Gabrielius Landsbergis、1982年1月7日[1] - )は、リトアニアの政治家。欧州議会議員

経歴[編集]

1982年1月7日ヴィリニュスに生まれる。祖父はサーユーディスの指導者としてリトアニア独立革命を主導した音楽学者ヴィータウタス・ランズベルギス[2]、父は演出家で著作家のヴィータウタス・V・ランズベルギス

2003年ヴィリニュス大学歴史学部を卒業[2]し、学士号(歴史)を取得[1]2005年ヴィリニュス大学国際関係・政治科学研究所の修士課程を修了[2]し、修士号(国際関係論)を取得した[1]

リトアニア外務省や大統領府で勤務した後、2007年より在ベルギー・リトアニア大使館にて勤務[2]。2011年1月にリトアニアに帰国した後は内閣府外交欧州部でアドバイザーを務めた[2]

政党は、祖国同盟に所属[1]2014年欧州議会議員選挙に祖国同盟から立候補[1]し、当選[2]欧州議会議員に選出された。欧州議会では欧州人民党に所属する。

2015年4月25日、祖国同盟の党首に選出された[2]

母語のリトアニア語のほか、英語フランス語ロシア語を話す[1]

既婚で、妻は株式会社「ヴァイキーステス・ソダス」設立者のアウステヤ・ランズベルギエネ[2][1]。4児の父で、2人の息子(アウグスタスとヴィルヘルマス)と2人の娘(モルタとゲルトルーダ)がいる[2][1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 2014 m. gegužės 25 d. rinkimai į Europos Parlamentą: Gabrielius Landsbergis”. 2016年7月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i Gabrielius Landsbergis”. lrytas.lt. 2016年7月22日閲覧。
党職
先代:
アンドリュス・クビリュス
祖国同盟党首
2015年5月9日 -
次代:
(現職)