ガビン・フロイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガビン・フロイド
Gavin Floyd
トロント・ブルージェイズ
AAAA5262 Gavin Floyd.jpg
ホワイトソックス時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 メリーランド州アナポリス
生年月日 1983年1月27日(33歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
235 lb =約106.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2001年 ドラフト1巡目(全体4位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名
初出場 2004年9月3日 ニューヨーク・メッツ
年俸 $1,000,000 (2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ガビン・クリストファー・フロイドGavin Christopher Floyd, 1983年1月27日 - )は、アメリカ合衆国メリーランド州アナポリス出身のプロ野球選手投手)。現在はMLBトロント・ブルージェイズに所属している。

経歴[編集]

プロ入りとフィリーズ時代[編集]

2001年MLBドラフトフィラデルフィア・フィリーズから1巡目(全体4位)指名され、8月24日に契約。

2002年、傘下のA級レイクウッド・ブルークロウズでプロデビュー。27試合に登板し、11勝10敗・防御率2.77だった。

2003年はA+級クリアウォーター・フィリーズで24試合に登板し、7勝8敗・防御率3.00だった。

2004年はAA級レディング・フィリーズで20試合に登板し、6勝6敗・防御率2.57だった。8月にAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レッドバロンズへ昇格。AAA級スクラントン・ウィルクスバリでは5試合に登板し、1勝3敗・防御率4.99だった。9月3日にフィリーズとメジャー契約を結び、同日のニューヨーク・メッツ戦でメジャーデビュー。7回を4安打1失点5奪三振に抑え、メジャー初勝利を挙げた。この年は6試合に登板し、2勝0敗・防御率3.49だった。

2005年は開幕ロースター入りし、シーズン初登板となった4月9日セントルイス・カージナルス戦では、7回を3安打1失点に抑え、幸先の良いスタートを切った。2度目の登板となった15日のアトランタ・ブレーブス戦では、3.1回を投げ5安打8失点を喫し、メジャー初黒星を記録すると、リリーフへ配置転換された。しかし転向後2試合連続で救援失敗を犯してしまい、24日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリへ降格した[2]。降格後はAAA級スクラントン・ウィルクスバリで24試合に登板し、6勝9敗・防御率6.16だった。登録枠が拡大された9月2日にメジャーへ昇格[3]。昇格後は先発に復帰したが、勝ち星に恵まれなかった。この年は7試合に登板し、1勝2敗、防御率10.04だった。

2006年は開幕ローテーションに加わったが、11試合の登板で、防御率7.29と結果を残せず、6月2日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリへ降格した[4]。AAA級スクラントン・ウィルクスバリでは17試合に登板し、7勝4敗・防御率4.23だった。セプテンバー・コールアップの際にもメジャーへ昇格することはなく、そのままシーズンを終えた。この年は11試合に登板し、4勝3敗・防御率7.29だった。

ホワイトソックス時代[編集]

2006年12月7日フレディ・ガルシアとのトレードで、ジオ・ゴンザレスと共にシカゴ・ホワイトソックスへ移籍[5]

2007年2月27日にホワイトソックスと1年契約に合意[6]。開幕前まで先発5番手の座をジョン・ダンクスと競争する形になったが、スプリングトレーニングの6試合で0勝3敗・防御率9.00と結果を残せず、対するダンクスは7試合の登板で2勝1敗・防御率5.91とフロイドを上回り、ダンクスが5番手を獲得。敗れたフロイドは3月28日に傘下のAAA級シャーロット・ナイツへ異動し[7]、そのまま開幕を迎えた。7月5日にメジャーへ昇格[8]。同日のミネソタ・ツインズとのダブルヘッダー2試合目に登板したが、5.2回を8安打6失点で敗戦投手となり、10日に降格[9]。24日に再昇格した[10]。昇格後はなかなか先発で結果を残せず、リリーフに配置転換されるなど、苦悩の日々が続いた。8月から先発に固定されたが、勝ち星を挙げることはできなかった。この年は16試合(先発は10試合)に登板し、1勝5敗・防御率5.27だった。

2008年2月27日にホワイトソックスと1年契約に合意[11]。開幕ローテーションに加わり、この年は自己最多の33試合に登板。チームトップの17勝(8敗)を挙げ、防御率3.84だった。チームはフロイドの活躍もあって地区優勝を果たし、タンパベイ・レイズとのディビジョンシリーズへ進出。1勝2敗で迎えた第4戦に登板したが、3回を投げ5安打4失点を喫し、チームは敗退した。

2009年2月25日にホワイトソックスと1年契約に合意した[12]が、3月22日に総額1550万ドルの4年契約[13](2013年・950万ドルの球団オプション付き)を結んだ[14]。この年は30試合に登板し、11勝11敗、防御率4.06だった。

2010年は31試合に登板し、10勝13敗・防御率4.08だった。7月は5試合の先発で、3勝1敗・防御率0.80、許した失点は3点のみという好成績を残し、8月4日に7月度の「ピッチャー・オブ・ザ・マンス」を受賞した[15]

2011年は31試合に登板し、12勝13敗・防御率4.37だった。

2012年もエースとして開幕から登板していたが、7月17日に15日間の故障者リスト入りした[16]7月23日に復帰し[17]、復帰後は7試合に登板したが、8月28日に右肘の故障で再び15日間の故障者リスト入りした[18]9月12日に復帰[19]。この年は故障で2度離脱したものの、29試合に登板し、5年連続の二桁勝利となる12勝(11敗)を挙げ、防御率4.29だった。オフの10月30日にホワイトソックスが950万ドルの球団オプションを行使した[20]

2013年も開幕ローテーションに加わったが、開幕3連敗を喫し、4月27日のレイズ戦で右肘を痛め、4月28日に15日間の故障者リスト入りした[21]。5月6日にトミー・ジョン手術を行うことが発表され[22]5月7日に60日間の故障者リストへ異動した。その後は手術の影響で全休した。この年は5試合の登板にとどまり、0勝4敗・防御率5.18だった。オフの10月31日にFAとなった。ホワイトソックスは手術後ということもあり、1410万ドルのクオリファイング・オファーを提示しなかった[23]

ブレーブス時代[編集]

2013年12月16日アトランタ・ブレーブスと450万ドルの1年契約を結んだ[24][25]

2014年3月23日に前年の手術の影響で、15日間の故障者リスト入りした[26]4月1日にリハビリのため、傘下のAAA級グウィネット・ブレーブスへ異動。5月4日に故障者リストから復帰し[27]、6日のセントルイス・カージナルス戦でメジャー復帰登板を果たした。復帰後は9試合に登板したが、6月20日に右肘の故障で再び15日間の故障者リスト入りした[28]。その後X線検査を行い、右肘頭の骨折と診断された[29]。その後MRI検査を受け、25日に右肘頭の修復手術を行った[30]。当初は再びトミー・ジョン手術を受ける可能性があったため、フロイドは「トミー・ジョン(手術)とは関係なかったことに感謝している」と話した[31]7月31日に60日間の故障者リストへ異動し、そのままシーズンを終えた。この年は9試合に登板し、2勝2敗・防御率2.65だった。オフの10月30日にFAとなった。

インディアンス時代[編集]

2014年12月16日にクリーブランド・インディアンスと400万ドルの1年契約を結んだ[32][33]

前年までは先発での登板がメインだったが、2015年は先発投手としてマウンドに立つ事はなく、リリーフのみで7試合に投げただけに終わった。防御率は2.70を記録し、2年連続で2.00台をキープした。オフの11月2日にFAとなった[34]

ブルージェイズ時代[編集]

2016年2月7日トロント・ブルージェイズと1年100万ドルで契約を結んだ[35]

投球スタイル[編集]

カーブの曲がり方が凄まじく、調子のよい時はドロップカーブのように垂直に落ちる。メジャーデビューした2004年9月3日の試合前、ブルペンで投球練習をしていた際、当時、投手コーチを務めていたジョー・ケリガンが、「Unbelievable」と連呼したほどである。また、当時チームメイトであったケビン・ミルウッドは、「メジャーでもトップ3に入るカーブだ」と絶賛している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2004 PHI 6 4 0 0 0 2 0 0 0 1.000 126 28.1 25 1 16 0 5 24 1 1 11 11 3.49 1.45
2005 7 4 0 0 0 1 2 0 0 .333 127 26.0 30 5 16 2 3 17 2 0 31 29 10.04 1.77
2006 11 11 1 1 0 4 3 0 0 .571 264 54.1 70 14 32 3 3 34 2 0 48 44 7.29 1.88
2007 CWS 16 10 0 0 0 1 5 0 0 .167 314 70.0 85 17 19 0 6 49 1 0 45 41 5.27 1.49
2008 33 33 1 0 0 17 8 0 0 .680 878 206.1 190 30 70 6 9 145 9 0 107 88 3.84 1.26
2009 30 30 1 0 0 11 11 0 0 .500 797 193.0 178 21 59 4 2 163 8 0 93 87 4.06 1.23
2010 31 31 1 0 0 10 13 0 0 .435 798 187.1 199 14 58 4 6 151 9 1 92 85 4.08 1.37
2011 31 30 1 0 0 12 13 0 0 .480 798 193.2 180 22 45 2 11 151 12 1 97 94 4.37 1.16
2012 29 29 0 0 0 12 11 0 0 .522 724 168.0 166 22 63 2 14 144 8 0 84 80 4.29 1.36
2013 5 5 0 0 0 0 4 0 0 .000 110 24.1 27 4 12 1 0 25 1 0 15 14 5.18 1.60
通算:10年 199 187 5 1 0 70 70 0 0 .500 4936 1141.1 1150 150 390 24 59 903 53 3 623 573 4.48 1.34
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 41 (2004年)
  • 34 (2005年 - 2013年)
  • 32 (2014年)
  • 26 (2015年)

脚注[編集]

  1. ^ Gavin Floyd Contract, Salary Cap Details & Breakdowns” (英語). Spotrac. 2016年2月8日閲覧。
  2. ^ Jon Cooper (2005年4月25日). “Notes: Floyd gets fresh start in Minors” (英語). MLB.com. 2016年2月8日閲覧。
  3. ^ Jon Cooper (2005年9月2日). “Notes: Wagner not focused on streak” (英語). MLB.com. 2016年2月8日閲覧。
  4. ^ “Floyd optioned to Scranton/Wilkes-Barre; Brito recalled” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Philadelphia Phillies), (2006年6月2日), http://philadelphia.phillies.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20060602&content_id=1484249&vkey=pr_phi&fext=.jsp&c_id=phi 2016年2月8日閲覧。 
  5. ^ “White Sox acquire Gio Gonzalez from Philadelphia as player to be named later” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2006年12月7日), http://chicago.whitesox.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20061207&content_id=1753686&vkey=pr_cws&fext=.jsp&c_id=cws 2016年2月8日閲覧。 
  6. ^ “White Sox agree to terms with 21 players on 2007 contracts” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2007年2月27日), http://chicago.whitesox.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20070227&content_id=1818003&vkey=pr_cws&fext=.jsp&c_id=cws 2016年2月8日閲覧。 
  7. ^ “White Sox make roster moves” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2007年5月28日), http://chicago.whitesox.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20070329&content_id=1865046&vkey=pr_cws&fext=.jsp&c_id=cws 2016年2月8日閲覧。 
  8. ^ “White Sox recall Gavin Floyd from Class AAA Charlotte” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2007年7月5日), http://chicago.whitesox.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20070705&content_id=2068666&vkey=pr_cws&fext=.jsp&c_id=cws 2016年2月8日閲覧。 
  9. ^ “White Sox option Gavin Floyd to Class AAA Charlotte” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2007年7月10日), http://chicago.whitesox.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20070710&content_id=2079340&vkey=pr_cws&fext=.jsp&c_id=cws 2016年2月8日閲覧。 
  10. ^ “White Sox recall Gavin Floyd from Class AAA Charlotte; option Dewon Day to Charlotte” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2007年7月24日), http://chicago.whitesox.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20070724&content_id=2106055&vkey=pr_cws&fext=.jsp&c_id=cws 2016年2月8日閲覧。 
  11. ^ “White Sox agree to terms with 21 players on 2008 contracts” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2008年2月27日), http://chicago.whitesox.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20080227&content_id=2391827&vkey=pr_cws&fext=.jsp&c_id=cws 2016年2月8日閲覧。 
  12. ^ “White Sox agree to terms with 22 players on 2009 contracts” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2009年2月25日), http://chicago.whitesox.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20090225&content_id=3879986&vkey=pr_cws&fext=.jsp&c_id=cws 2016年2月8日閲覧。 
  13. ^ 2009年は75万ドル、2010年は275万ドル、2011年は500万ドル、2012年は700万ドル。
  14. ^ “White Sox agree to terms on a four-year contract with Gavin Floyd” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2009年3月22日), http://chicago.whitesox.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20090322&content_id=4047824&vkey=pr_cws&fext=.jsp&c_id=cws 2016年2月8日閲覧。 
  15. ^ Doug Padilla (2010年8月4日). “Floyd named pitcher of the month” (英語). ESPN. 2016年2月8日閲覧。
  16. ^ “White Sox place Gavin Floyd on 15-day disabled list; reinstate Philip Humber” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2012年7月17日), http://m.whitesox.mlb.com/news/article/35078102/ 2016年2月8日閲覧。 
  17. ^ “White Sox reinstate Gavin Floyd from 15-Day Disabled List” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2012年7月23日), http://m.whitesox.mlb.com/news/article/35418998/ 2016年2月8日閲覧。 
  18. ^ “White Sox place Gavin Floyd on disabled list; Recall Dylan Axelrod” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2012年8月28日), http://m.whitesox.mlb.com/news/article/37476550/ 2016年2月8日閲覧。 
  19. ^ “White Sox Reinstate Gavin Floyd from the Disabled List” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2012年9月12日), http://m.whitesox.mlb.com/news/article/38306346/ 2016年2月8日閲覧。 
  20. ^ “White Sox exercise 2013 club option on Gavin Floyd” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2012年10月31日), http://m.whitesox.mlb.com/news/article/40128594/ 2016年2月8日閲覧。 
  21. ^ “White Sox place Gavin Floyd on 15-Day Disabled List” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2013年4月28日), http://m.whitesox.mlb.com/news/article/46027568/ 2016年2月8日閲覧。 
  22. ^ “Gavin Floyd to undergo season-ending surgery” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago White Sox), (2013年5月6日), http://m.whitesox.mlb.com/news/article/46771650/gavin-floyd-to-undergo-season-ending-surgery 2016年2月8日閲覧。 
  23. ^ Scott Merkin (2013年11月5日). “White Sox decline qualifying offers to Konerko, Floyd” (英語). MLB.com. 2016年2月8日閲覧。
  24. ^ “Braves agree to terms with Free-Agent Pitcher Gavin Floyd” (プレスリリース), MLB.com (Atlanta Braves), (2013年12月16日), http://m.braves.mlb.com/news/article/66008548/braves-agree-to-terms-with-free-agent-pitcher-gavin-floyd 2016年2月8日閲覧。 
  25. ^ Jerry Crasnick (2013年12月16日). “Braves, Gavin Floyd complete deal” (英語). ESPN. 2016年2月8日閲覧。
  26. ^ “Atlanta Braves place five pitchers on disabled list” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Atlanta Braves), (2014年3月23日), http://atlanta.braves.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20140323&content_id=69959956&vkey=pr_atl&c_id=atl 2014年3月24日閲覧。 
  27. ^ Mark Bowman, Joe Morgan (2014年5月4日). “Floyd to start in place of Santana on Tuesday” (英語). MLB.com. 2016年2月8日閲覧。
  28. ^ Mark Bowman (2014年6月21日). “Wood to return from Triple-A to take Floyd's place” (英語). MLB.com. 2016年2月8日閲覧。
  29. ^ Mark Bowman (2014年6月22日). “Floyd has MRI to determine extent of injury”. MLB.com. 2016年2月8日閲覧。
  30. ^ Mark Bowman (2014年6月27日). “Floyd undergoes season-ending surgery” (英語). MLB.com. 2016年2月8日閲覧。
  31. ^ Mark Bowman; Joe Morgan (2014年7月1日). “[hhttp://m.braves.mlb.com/news/article/82405428/floyd-taking-latest-elbow-injury-in-stride Floyd taking latest elbow injury in stride]” (英語). MLB.com. 2016年2月8日閲覧。
  32. ^ “Indians sign RHP Gavin Floyd” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Cleveland Indians), (2014年12月17日), http://m.indians.mlb.com/news/article/104231066/indians-sign-rhp-gavin-floyd 2016年2月8日閲覧。 
  33. ^ Adam McCalvy (2014年12月16日). “Indians sign right-hander Floyd to 1-year deal” (英語). MLB.com. 2016年2月8日閲覧。
  34. ^ Transactions | indians.com” (英語). MLB.com (2015年11月2日). 2015年11月4日閲覧。
  35. ^ Gregor Chisholm (2016年2月6日). “Blue Jays come to terms with Floyd” (英語). MLB.com. 2016年2月8日閲覧。

外部リンク[編集]