ガチャマン景気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ガチャマン景気(ガチャマンけいき)とは、1950年(昭和25年)頃から日本で発生した景気拡大現象である。「(織機を)ガチャンと織れば万の金が儲かる」といった含意から、「ガチャ万」とも表記される[1]。「繊維」、「紡績」といった糸偏の付く漢字の業種が儲かったことから「糸へん景気」とも言う[2]

概要[編集]

太平洋戦争にて敗戦を喫した日本では、1950年に勃発した朝鮮戦争に伴い、国連軍の要請で食糧や車両修理、各種鋼材などの調達を求められた(朝鮮特需[1]。中でもその大部分の特需が土嚢用麻袋[3]軍服[4]軍用毛布、テントなどにおいて使用される繊維製品であったといわれる。

この朝鮮特需では1950年から1952年の間に約10憶ドルの直接特需、1955年までに約36憶ドルの間接特需に及んだといわれる。[要出典]これは当時の日本円で換算するとおよそ1兆6560憶円の経済効果となり、世の中は特需景気で湧いた。

繊維業界においても1951年レーヨン糸の生産量が1949年に比べて2.1倍、レーヨンステープルが3.8倍にも高騰し[2]1951年の法人税上位はすべて繊維業種であったとされる。[要出典]

「ガチャマン景気」ないし「糸へん景気」の終焉時期は1951年春とされるが[2]1953年の朝鮮戦争休止後の需要・価格暴落に伴う大型倒産不況までとする資料もあれば、1975年頃までとするものもある。[要出典]ここでは後者の概念で朝鮮戦争以降の解説をする。

「もはや戦後ではない」といわれた1954年からの神武景気からなべ底不況等、好況不況を繰り返しながらも、1ドル=360円の戦後固定相場制に伴う円安を受け輸出が拡大。

ナイロンポリエステルビロード別珍等の化学繊維が開発され、高度経済成長期に突入し国民全体の所得水準も高まると高級綿布・インテリアが流行する。

さらに東北九州地方から金の卵とも呼ばれた集団就職により戦前からの一大繊維産地である美濃尾張三河遠州の繊維工場にも多数の少年少女が就職した。

中でも工員は女子の人手が必要とされたため、繊維工場のある地方は若い女子に溢れた。「女工の街」とも言われた愛知県一宮市では、現在でも女性の人口比率が高くその名残を表している。

1965年当時一宮市スーパーマーケットカネスエでは1坪あたりの売上げが634万円にもおよびバナナを補充するために箱を青果売り場へ持ち運んでいる間に箱が空になってしまうほどだったという。

1962年からの綿製品などの自由貿易化に伴い途上国の追い上げが強まり、アメリカの輸出規制の動きも始まりながら、昭和40年代からもミニスカートニットの大流行などヤングファッションが全盛となり、昭和40年代後半からは第二次ベビーブーム等の影響も受け好況不況の波を繰り返すも、国産品による内需が確保されていた。

しかし昭和50年代に入ると次第に東アジアからの輸入が増加し、業界内での倒産が相次ぐ。

1985年プラザ合意の締結以後、繊維輸入が輸出を上回るようになり、国内繊維産業は長い不況に陥ることとなった。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b 天声人語”. 朝日新聞・朝刊: p. 1. (2012年5月16日). "戦後の日本経済は朝鮮戦争の特需で息を吹き返した。繊維などの業界で「ガチャ万」や「ガチャマン景気」と言われたのはそのころだ。機械をガチャと動かせば「万」のお金がもうかった。"  - 聴蔵IIビジュアルにて閲覧
  2. ^ a b c 世界大百科事典『糸へん景気』 - コトバンク:『世界大百科事典』に「糸へん景気」の項目があるわけではなく、「化学繊維」「繊維工業」の項目にある関連する記述が表示される。
  3. ^ “電子を刷る⑧ ニューロング精密工業”. 日刊工業新聞. (1980年6月12日). http://www.newlong.co.jp/ja/technique/door005-08.html 2014年10月10日閲覧。 
  4. ^ ロバート・マーチン (1951年4月13日). “[外人記者の直言]ずるい一部日本業者”. 読売新聞・夕刊: p. 1  - ヨミダス歴史館にて閲覧

参考サイト[編集]

関連項目[編集]