ガズデン購入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤:メキシコ割譲地
橙:ガズデン購入地
ガズデン購入地における主要都市
名称の起源となったジェームズ・ガズデン英語版

ガズデン購入(ガズデンこうにゅう、英語: Gadsden Purchase)、またはラ・メシリャ売却(ラ・メシリャばいきゃく、スペイン語: Venta de La Mesilla)は、現在のアメリカ合衆国アリゾナ州南部およびニューメキシコ州にあたる30,000平方マイル(77,700Km²)の地域を、1853年メキシコよりアメリカが購入した出来事をさす。この名称は当時アメリカ合衆国のメキシコ担当大臣であったジェームズ・ガズデン英語版にちなむものである。購入した地域は、ヒラ川の南およびリオグランデ川の西の地域であり、山岳・高原地帯である。

購入の目的はメキシコ割譲地における米墨間の国境紛争を解決することと、アメリカ大陸横断鉄道の南部ルート建設に必要な土地を確保することであるが[1]、その鉄道は建設されなかった。またもう一つの目的は、ガズデン購入の5年前の1848年に結ばれたグアダルーペ・イダルゴ条約の埋め合わせのためにメキシコに金銭補償を行うことにあった。米墨戦争によりアメリカがメキシコから割譲させた領土の面積にくらべ割譲金額があまりにも少なかったためでもある。

1853年12月30日、アメリカのメキシコ担当大臣ジェームズ・ガズデンとメキシコ大統領アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナは該当の土地を1,000万ドル(現在の価値でおよそ2.6億ドル)で売買することに同意した。翌1854年4月25日アメリカ合衆国上院がこの契約を批准、フランクリン・ピアース大統領が署名して成立した。同年6月30日に発効して[1]この領域はアメリカ合衆国の領土となった。一方、メキシコでは反対に遭い、サンタ・アナが追放される一因となった[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c Wikisource-logo.svg Gilman, D. C.; Thurston, H. T.; Colby, F. M., eds. (1906). "Gadsden Purchase, The" . New International Encyclopedia (1st ed.). New York: Dodd, Mead.

関連項目[編集]