ガイ・ローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガイ・ローズ

ガイ・ローズ(Guy Orlando Rose、1867年3月3日 - 1925年11月17日)はアメリカ合衆国印象派の画家である。

略歴[編集]

カリフォルニア州のサン・ガブリエル(San Gabriel)で上院議員を務めたレオナード・ローズ(Leonard John Rose)の息子に生まれた。少年時代に家族から誤って撃たれて顔を負傷し、療養中に絵を描いて過ごした。1884年に高校を卒業した後、サンフランシスコの美術学校で、ヴァージル・ウィリアムス(Virgil Williams)、ウォーレン・ローリングス(Warren E. Rollins)、エニル・カールセン(Emil Carlsen)に学んだ。美術学校では優秀な成績を収め学内のコンテストで多くの賞を受賞した[1]

1888年9月にパリのアカデミー・ジュリアンに入学し、バンジャマン=コンスタンルフェーブルアンリ=リュシアン・ドゥセジャン=ポール・ローランスに学んだ。1890年から何度かサロン・ド・パリに出展した[2]

アメリカに帰国した後、1890年代にニューヨークにしばらく住み、雑誌社の仕事をしたが、1899年に再びフランスに渡り、妻のエテル・ローズとノルマンディージヴェルニーに小さな家を買った。当時ジヴェルニーには、クロード・モネの邸もあり、多くのアメリカ人芸術家も集まって活動していた。当初パリなどで活動したが、1904年から1912年の間、ジヴェルニーで製作するようになり、モネと交流し、モネに影響を受けたスタイルで描くようになった。

1913年にアメリカに戻りロードアイランドで過ごした後、1914年からロサンジェルスに定住した。太平洋岸の町カーメル・バイ・ザ・シーなどの風景を描いた。パサデナの美術学校、Stickney Memorial School of Artで、教師としても働いた。

作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Daily Alta California (San Francisco): 11 December 1886, p.1; 10 December 1887, p.8; 7 December 1888, p.1.
  2. ^ Edwards, Robert W. (2012). Jennie V. Cannon: The Untold History of the Carmel and Berkeley Art Colonies, Vol. 1. Oakland, Calif.: East Bay Heritage Project. pp. 181, 186–188, 259, 605–607, 690. ISBN 9781467545679.  An online facsimile of the entire text of Vol. 1 is posted on the Traditional Fine Arts Organization website (Archived copy”. 2016年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月7日閲覧。).