ガイウス・クラウディウス・プルケル (紀元前177年の執政官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガイウス・クラウディウス・プルケルラテン語: Gaius Claudius Pulcher、 ? - 紀元前167年)は、共和政ローマの元老院議員。父はアッピウス・クラウディウス・プルケル

アウグル紀元前195年プラエトル紀元前180年に選ばれる。紀元前177年コンスルに就任、イストリア半島に遠征、しかし失敗してローマに更迭される。再び遠征を試み、今度はリグリアへ、そして勝利を収める。紀元前169年ケンソルに選ばれるが、業績は芳しくなく、弾劾される。しかし同僚ケンソルのティベリウス・センプロニウス・グラックス・マイヨルが民衆に人気があったため告発は取り下げられた。そして紀元前167年に外交業務のためにマケドニアへ赴き、同年死去した。

家族[編集]