ガイウス・クラウディウス・ケント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ガイウス・クラウディウス・ケントラテン語: Gaius Claudius Centho)は、紀元前3世紀共和政ローマの元老院議員。著名なアッピウス・クラウディウス・カエクスアッピア街道の建設者)の第三子とされるが、年齢を考えると疑わしい[1]紀元前240年コンスル紀元前225年ケンソル第二次ポエニ戦争中の紀元前213年独裁官を歴任した。

脚注[編集]

  1. ^ Friedrich Münzer: Claudius 104). In: Pauly's Recyclopedia of Classical Antiquity (RE). Volume III, 2, Stuttgart 1899, Sp. 2694.