ガイアマスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガイアマスター
~神々のボードゲーム~
ジャンル ボードゲーム
対応機種 プレイステーション
ゲームアーカイブスPS3/PSP
発売元 カプコン
人数 1~4人(PSP:1人)
メディア PS:CD-ROM
ゲームアーカイブス:データダウンロード
発売日 PS:2000年4月13日
ゲームアーカイブス:2012年1月18日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
デバイス マルチタップ、デュアルショック(振動)対応
テンプレートを表示

ガイアマスター~神々のボードゲーム』は、カプコンから発売されたPlayStation用ゲームソフト。 2012年1月18日にはゲームアーカイブスPlayStation 3PlayStation Portable用のソフトウェアとして配信・発売された。

後にドリームキャストゲームボーイカラーでも発売されているが、本項ではPlayStation版について説明する。

基本ルール[編集]

最大4人までプレイ可能。

  • プレイヤーは最初に9人のキャラクター(+隠しキャラクター2人あり)から1人をセレクトし、マス目に区切られたボード上を6面サイコロ2個を振って進む。
  • マス目はそれぞれが一つの土地を表している。空きの土地マスなら、購入できる。
  • 以後、自分の土地(マス)に他のプレイヤーが止まれば、そのプレイヤーから地価に応じた通行税を徴収することができる(支払った通行税は、その土地の所有者が獲得する)。もちろん、自分が相手の土地に止まったら、通行税を支払わなければならない。
  • 自分の行動が終了すると、相手の行動が始まる。
  • これを繰り返し、最終的に総資産が一番多い人の勝ちとなる。またステージによっては相手キャラクターを破産させることが勝利条件になる場合もある。最大99ターン。

またステージによってはタッグ戦を行うこともある。この場合、以下のルールが適用される。

  • 味方の領地に入っても通行料は取られない。ただし、店の効果はおこらない。
  • 同じエリアに味方の領地があると、その領地は価値が上がる。つまり、自分達の土地としてあつかわれる。もちろん、そのエリア内をすべて取ると独占ボーナス価値になる。
  • 成績はチームを総合したものになる。

『ガイアマスター』の世界では概ね、土地マスが3マス連続で並んでおり(これをエリアと呼ぶ)、それを挟んで特殊マスが1マスある。このゲームはできるだけ多くの土地を買い占めるのが勝利の早道だが、同じエリア内の土地を買うと、通行税がアップする。つまり、エリアを独占すれば、かなりの通行税を獲得できる。

キャラクター[編集]

各キャラクターにはそれぞれ異なった特殊能力(ラッキー)があり、ゲーム展開を有利に運ぶことができる。

ジガー:シーフ
関俊彦
1ターンに2度行動することができることがある。非常に使いやすいキャラクター。
ティアラ:王女
声:矢島晶子
ターン終了後に無料で土地マスを1つ与えられることがある。全ての土地が埋まっていると、他人の領地を奪って手に入れる。同じチームからとることはない。
ゴライアス:破戒僧
声:銀河万丈
あらゆる種類の金の支払いを免除される(踏み倒す)ことがある。
シンバッド:盗賊
声:野沢那智
同じマスに止まった他のキャラクターの所持金の1/2を奪う。
メグメグ:女戦士
声:篠原恵美
自分がもらう金が2倍になることがある。聖地マスでも2倍になる。敵を破産に追い込みやすい。
ハヤテ:忍者
声:石野竜三
戦闘において敵の攻撃を回避する(0ダメージにする)ことがある。
ヤスツナ:サムライ
声:大塚周夫
戦闘において剣属性の武器を使用すると攻撃力が2倍になることがある。
アガート:魔女
声:潘恵子
戦闘において魔法属性の武器を使用すると攻撃力が2倍になることがある。
ガラハッド:騎士
声:広川太一郎
戦闘において飛び道具属性の武器を使用すると攻撃力が2倍になることがある。
孫悟空:斉天大聖
声:松本梨香
隠しキャラクターその1。移動時に振るダイスが4個になることがある。戦闘において攻撃力が2倍になることがある。「お店破壊」を防御することがある。ストーリーモードのステージ13をクリアしてセーブすると、以後使用可能になる。
ダンテ:魔王
声:森功至
隠しキャラクターその2。ターン終了後に任意のシンボルを1つ破壊できることがある。戦闘において攻撃力が2倍になることがある。「お店破壊」を防御することがある。ストーリーモードのステージ15をクリアしてセーブすると、以後使用可能になる。
ベリアル:妖精
声:小桜エツ子
ゲーム進行のナビゲーター役。ドリームキャスト版では全キャラのラッキーが発動する最強の隠れキャラとして使用可能になった。

目次に戻る

店について[編集]

自分で購入した土地には、店を建てることができる。自分が止まると下記の効果が発生し、また店を建てることによって、さらに通行税をあげることができる。店の買値は、その土地の値段と同じである(ただし、バンクのみ5倍)。

店には次のようなものがある。

  • 武器屋 ‐ 武器カードを2枚入手。
  • れん金術(錬金術) ‐ イベントカードを2枚入手。
  • 病院 ‐ 通過でHP30回復。丁度止まるとHPが全快する。
  • 騎士団 ‐ 相手のHPを3/4に減らして戦闘を仕掛けることができる。
  • 修道会 ‐ 1/2の確率で相手からの戦闘を回避する。自分が止まっても何も起こらない。
  • バンク ‐ 通行税が4倍になる。自分が止まっても何も起こらない。

特殊マスについて[編集]

ステージ上には、土地マスのほかに特殊マスがある。その特殊マスに止まると下記のような効果が発生する。

  • GOマス ‐ スタート地点。ステージを一周し再び戻ると、周回金(300ゼニー/回)、武器カード及びイベントカードがそれぞれ1枚ずつもらえ、さらにHPが50回復する。(丁度止まらなくても以上の効果が発生する。)15ターン目を境に、強力な武器カードが手に入るようになる。
  • イベントマス ‐ ほとんどの確率でイベントカードが1枚もらえるが、たまにその場で効果が発生するカードを引くこともある。
  • 酒場マス ‐ 止まると、酒場のカウンターの人と「ハイアンドロー」(ダイス2個を振り、画面に表示されたある数よりも大きいか小さいかをあてる)に挑戦。ゲームに勝つと武器カードがもらえ、さらに続けてゲームをすることができる。最大5回までチャレンジできる。負けるとその時点で、今までこのゲームで獲得した武器カードが没収される。また、途中で止めることも可能で、その場合はそこまでの武器カードを入手。
  • 戦闘マス ‐ 相手に戦闘を仕掛けることができる。しなくてもよい。
  • 分岐マス ‐ 止まると、ルート上にある分岐点を変更できる。しなくてもよい。
  • 時限分岐マス ‐ 1ターンごとに自動的に分岐点を変更。止まっても何も起こらない。
  • 所得税マス ‐ 止まると、所持金の20%の金額を取られる。
  • 土地税マス ‐ 止まると、土地税として評価額の20%の金額を取られる。
  • ワープマス ‐ 止まると、対応する別のワープマスにワープする。
  • 聖地マス ‐ 所得税マス、土地税マス、不幸、大不幸で取られた金額が全てこのマスにプールされる。止まると、そのプール金を全額入手できる。

イベントカードについて[編集]

プレイヤーは最大5枚までイベントカードと呼ばれるカードを持つことができる。そのカードは全てステージ上でしか使えない。基本的に、ダイスを振る前なら1ターンに何枚でも使用可能である(ただし、移動系カードは除く)。

イベントカードには以下のようなものがある。

移動系[編集]

  • n進む ‐ 使うと、ダイスを振る代わりにnマス進めることができる。1進む~6進むの6種類がある。
  • ダイス3つ ‐ 使うと、一度にダイス3つを振って出た目の数だけ進む。
  • ダイス4つ ‐ 使うと、一度にダイス4つを振って出た目の数だけ進む。

シンボル系[編集]

土地の周りに、シンボルを建てることができる。シンボルを建てると、周りの土地の通行税が増減する。シンボルは次の10種類がある。

  • 温泉 ‐ 周りの土地の通行税が+30%
  • 女神像 ‐ 周りの土地の通行税が+50%
  • 庭園 ‐ 周りの土地の通行税が+70%
  • サーカス ‐ 周りの土地の通行税が2倍
  • 大聖堂 ‐ 周りの土地の通行税が3倍
  • 呪いの沼 ‐ 周りの土地の通行税が-10%
  • 死神像 ‐ 周りの土地の通行税が-30%
  • 墓場 ‐ 周りの土地の通行税が-50%
  • 悪魔の塔 ‐ 周りの土地の通行税が-70%
  • 邪神像 ‐ 周りの土地の通行税が-90%
  • 地震 ‐ 任意に選択したシンボルを1つ破壊。

また、シンボルにはそれぞれ形状があり、それが干渉しあわなければ、異なるシンボルを同じエリアに置くことも可能である。例えば、死神像と女神像を同じエリアに置いた場合、周りの土地の通行税は+20%になる。

テクニカル系[編集]

  • バトルカード ‐ 使うと、相手に戦闘を仕掛けることができる。
  • ルート変更 ‐ 全ての分岐マスの分岐点を変更。
  • お店破壊 ‐ 任意に選択した1エリア内に建ててある店を全て破壊。
  • ふみたおし ‐ 1回だけ相手の通行税を無効にする。ただし、自分の店の効果も無効となる。土地の購入もできない。
  • カード交換 ‐ 他のキャラクターの持つ武器カードと最大2枚まで交換できる。交換しなければ、武器カードを見ることも可能である。

金銭・土地系[編集]

この系統は、イベントマスでまれに発生するカードである。この系統のカードはプレーヤーが引いた瞬間に効果が発動する。

  • 幸運 ‐ 引いた瞬間、お金がもらえる。もらえる金額はターン数に比例する。
  • 大幸運 ‐ こちらは、幸運よりも多めのお金がもらえる。もらえる金額はターン数に比例する。
  • 不幸 ‐ お金を取られる。取られる金額は総資産に比例する。
  • 大不幸 ‐ 不幸よりも多めの金額を取られる。取られる金額は総資産に比例する。
  • 略奪 ‐ 自分以外のキャラクターから均等にお金を奪う。奪う金額はターン数に比例する。
  • ワープ ‐ ステージ内で、一番土地の価値が高い土地マスにワープする。そこが空いていたら購入可能。
    自分の土地でなおかつ店を建てていたら、その店の効果が発動。相手の土地なら、通行税を取られる。
  • GOワープ ‐ GOマスにワープする。ワープ後、GOマスの効果が即時発動する。
  • 領地購入 ‐ 所有者のいない土地マスのうち好きな1マスを購入できる。土地マスが全て埋まったときは、出現しなくなる。

戦闘について[編集]

相手が所有する土地を奪いたい場合、相手に戦闘を仕掛けることができる。戦闘に勝利すれば、その土地の所有権が自分に移る。
以下、戦闘について詳細を説明する。

戦闘の仕掛け方[編集]

戦闘を仕掛ける方法は、

  1. バトルカードを使う
  2. 戦闘マスに止まる
  3. 自分が騎士団を設置したマスに止まる
  4. 相手のいるマスと同じマスに止まる(ただし、特殊マスでは発動しない)

の4種類がある。そして、仕掛けたい土地を選んで決定する。

軍資金を支払う[編集]

戦闘を仕掛ける側(以後、Aとする)は、仕掛けられた土地の所有者(以後、Bとする)に戦闘の軍事金を支払わなければならない。軍資金をいくら支払うかは、Aに選択権がある。高い軍資金を支払えばBのHPが低い状態で戦闘が開始する。

HPについて[編集]

HPの最大値は基本的に全員100だが、Bには地形防御力が設定され、実際は現在のHPよりも若干増えている。地形防御力は、仕掛けられた土地のエリアの独占度や店の有無で変動する。つまりエリアを独占し、かつ店を建てている土地に対してAが戦闘を仕掛けた場合、自動的にBはかなりのボーナスHPがもらえる。地形防御力も含めると、最大で160まで上昇する。

戦闘ルール[編集]

  • 自分の持っている武器カードのうちの4枚が場に出される。AとBはその4枚からそれぞれ1枚を選ぶ。
  • 選んだ武器カードの速度の数値が大きいほうから攻撃を開始。次に小さいほうが攻撃する。
  • 以上を1ラウンドとする。これを3ラウンド行い、3ラウンド以内に相手のHPをゼロにするか、3ラウンド終了後に相手よりも残りHPの多いほうが勝ちとなる。勝者がAの時は、Bの土地がAに変わる。HPが同数値になったときは、Bの勝ちになる。
  • 戦闘終了後、HPがゼロになったものは、治療費として200ゼニー取られる。
  • ダメージ分を減算し、残ったHPは、自然回復しないため、病院あるいはGOマスでHPの回復をしなければならない。

武器カードについて[編集]

  • 武器カードには、剣、魔法、飛び道具、アイテムの4つの種類(カテゴリー)がある。
  • プレイヤーは基本武器とアイテムを含め、7枚までカードが持てる。手札が8枚以上になったときは、どれかの武器カードを捨てなければならない。
  • 各キャラクターには得意武器のカテゴリーが設定されており、そのカードを使った攻撃の場合にはクリティカル(攻撃力が1.5倍になる)が起こりやすい。
    ラッキーで攻撃力が2倍になるキャラがクリティカルと重なるとダメージが3倍になり、相手を一撃で倒せるチャンスが広がる。
  • また各武器カードにはレベルが設定されており、使用経験値が加算されるとレベルが最大5まで上昇し、クリティカルが出やすくなる。
  • 特定の武器カードは条件を満たすとパワーアップし、グラフィックも変化する。

基本武器カード[編集]

基本武器とは、各キャラクターがそれぞれ持っている固有の武器カードのことである。これらは、どんなことがあっても捨てることはできない。また、戦闘時は必ず基本武器カードが場に出ており、いつでも使用可能。()内は左から、武器の種類/攻撃力/速度/所有者を示す。
また、隠されたキーワードを入力すると覚醒する。ただし、以前の状態に戻せなくなり、武器レベルも1に下がる。

剣カード[編集]

最もオーソドックスな武器カード。剣は攻撃力が高く、速度もそこそこ。特に魔剣ムラマサは、全武器カードの中で最大の攻撃力を誇る。
剣を得意武器とするキャラクターは、ジガー、ティアラ、ゴライアス、シンバッド、メグメグ、ハヤテ、ヤスツナの7人。

  • ロングソード(20/4)
  • エストック(22/3)
  • ハンマー(26/1)※クリティカルが出やすい
  • せつなの剣(30/5)※速度が速い。パワーアップすると攻撃力が36になる
  • ストームソード(48/2)
  • エクスカリバー(52/4)※低確率で出現。攻撃力の割りに速度が速め
  • 魔剣ムラマサ(60/2)※低確率で出現。最強の魔剣

魔法カード[編集]

魔法の特徴は、速度が低いことで、サンダー以外は全て3以下である。
しかし、魔法を得意武器とするキャラクターが、ティアラ、ゴライアス、アガートの3人のみなので、魔法カードの奪い合いが少ないのがメリット。

  • ファイアボール(20/3)
  • サンダー(24/5)※速度が速い
  • スノーストーム(26/1)※クリティカルが出やすい。パワーアップすると攻撃力、速度が(30/3)に上がる
  • ハリケーン(32/2)
  • アースクエイク(40/2)
  • ダークメテオ(53/3)※低確率で出現。
  • メテオフォール(55/1)※低確率で出現。最強の魔法

飛び道具カード[編集]

飛び道具の特徴は、速度は速いが攻撃力が低い。しかし、ブラッドスピアの制圧力も含め、かなり使いやすい属性である。
飛び道具を得意武器とするキャラクターは、ジガー、シンバッド、メグメグ、ハヤテ、ガラハッドの5人。

  • ダーツ(18/5)
  • (24/4)※クリティカルが出やすい。
  • ブラッドスピア(24/1)※与えたダメージの半分を吸収。パワーアップすると攻撃力、速度が(28/2)に上がる。:
  • クロスボウ(30/5)
  • フェザーレイ(36/5)
  • 炎の弓(50/4)※低確率で出現。
  • 氷の弓(54/2)※低確率で出現。最強の弓
この2つの弓には専用の攻撃モーションがある。

アイテムカード[編集]

武器のほかにもアイテムが存在する。アイテムは武器とは違い、一度使うと消えてしまう。つまり使い捨てである。
戦闘終了まで効果が続くアイテムは自分/相手のHPの隣に各アイテムに対応したアイコンが付く。

  • 丸薬(7)(HP30回復)
  • いやしのうた(7)(HP60回復)
  • 力の指輪(7)(戦闘終了まで、攻撃力が2倍に)
※使用したキャラが黄色く点滅する。
  • シールド(7)(戦闘終了まで、ダメージを半減)
※基本武器で相手の攻撃を防ぐモーションが追加される。
  • まどわしの玉(7)(戦闘終了まで、相手の命中率が半分になる)
  • 復活の霊薬(7)(低確率で出現。HPが0の時、100回復)
  • 盗賊のオーブ(6)(相手のカードを1枚盗む。盗んだカードは以降の戦闘で使える)
  • アイテム封じ(8)(戦闘終了まで、アイテムの使用を禁止する。ただし、盗賊のオーブには効かない)

ステージ[編集]

このゲームは、後述する隠しステージを含めると全部で7ステージ存在する。

  • 西風の都:中世ヨーロッパ風の、非常にオーソドックスなステージ。
  • 陽炎の遺跡:財宝が眠る遺跡のある砂漠周辺。ワープマスで分離されたエリアがある。
  • 緑の聖域:滝の流れる秘境。8の字の形をしたマップで、分岐マスによって上に行くか下に行くかが決まる。
  • ブシドーキャッスル:江戸風のお城が舞台。時限分岐マスがある。
  • 円環の廃墟の国:空中都市。昔は栄えていたが、今は廃墟となっている。
    広大なマップで、中央に地価が高いエリアがあるが、そこに行けるかどうかは分岐マス次第である。
  • 魔都パンデモニアム:魔王の根城。マップが非常に狭く、4または2マスで構成されている変則的なエリアがある。
  • 東京199X:近代の都市が舞台。大まかに5つのエリアによって区切られており、ワープ先のエリアはGOマス付近にあるワープマスの位置に対応している。


目次に戻る

ストーリーモード[編集]

最初に選択したキャラクターで20のミッションをクリアし、ガイアマスターを勝ち抜くモード。武器レベルはこのモードでのみ上げることが可能である。

  • 勝利条件を満たしステージをクリアすると、リザルト画面で最後に所持していた武器全てにボーナスポイントが付く。当然、アイテムカードにはポイントがつかない。
  • 勝利条件を満たせずにコンティニューをしても、そのステージで増やした武器ポイントは失われることはなく、継続される。

ステージ20をクリアするとエンディングになる。

ステージ タイトル 対戦キャラ/味方キャラ 対戦ステージ 備  考
1 冒険のはじまり <メグメグ、ゴライアス> 西風の都 自キャラが男性のときはメグメグ、女性のときはゴライアスが相手になる
対戦中にアドバイスがある。制限ターン数20
2 偽物を倒せ 自キャラと同キャラ 陽炎の遺跡 ここから、ステージ7まで30の制限ターン数が設けられる
3-a 魔女の森 アガート 緑の聖域 自キャラが男性だとこちらに分岐する
3-b 異国の戦士 ヤスツナ 緑の聖域 自キャラが女性だとこちらに分岐する
4 旅の仲間 アガート、シンバッド/ティアラ 西風の都 2vs2のタッグ戦
5 チャンバラウォーズ ヤスツナ、ハヤテ ブシドーキャッスル
6 盗賊から逃げろ シンバッド、シンバッド、シンバッド 陽炎の遺跡 制限ターン数20 制限ターン数が短く、プレーヤーに極めて有利な条件で開始されるため、
武器ポイントを貯めるのに適している。タッグ戦のため、もらえるポイントも多い
7-a お姫様のプロポーズ ティアラ、ガラハッド 西風の都 1vs2のタッグ戦。自キャラが男性だとこちらに分岐する。ティアラを破産させることが条件
7-b 女の戦い 自キャラ以外の女性キャラ2人 西風の都 自キャラが女性だとこちらに分岐する
8 借金を取立てろ ゴライアス、メグメグ 緑の聖域 序盤の壁。このステージから勝利条件の大半が対戦相手を破産させるものになる
9 武闘会予選 メグメグ、ジガー、ハヤテ 西風の都 全員がバトルカードを4枚所持。相手の土地に修道会があるが、いきなり戦闘で奪うことはできない
10 武闘大会 ヤスツナ、ガラハッド、アガート 西風の都 全員がバトルカードを5枚所持。全員戦闘キャラである
11 忍のおきて ハヤテ、ハヤテ ブシドーキャッスル 1vs2のタッグ戦。攻撃の回避に注意。制限ターン数30
12 プリンセス・クライシス ティアラ、ティアラ、ティアラ 緑の聖域 ティアラのラッキーにより、土地を次々と奪われる。制限ターン数30
13 斉天大聖 孫悟空 陽炎の遺跡 ワープ先のエリアは自分が所有している。
そのエリアに孫悟空がワープしないと破産させるのは難しい
14 東西対抗大作戦 <ヤスツナ、ハヤテ>/<ガラハッド、アガート> 緑の聖域 制限ターン数30、2vs2のタッグ戦。
自キャラが東洋キャラ(孫悟空含む)だとヤスツナかハヤテ、
西洋キャラだとガラハッドかアガートが味方になる
15 神々の戦い ダンテ/ティアラ、孫悟空 魔都パンデモニアム 3vs1のタッグ戦。土地の大半がダンテに占有されている。ダンテの初期装備は弱い
16 エコノミックアニマル メグメグ、シンバッド 東京199X 制限ターン数30
17 偽物の復讐 自キャラと同キャラ ブシドーキャッスル
18 裏武闘会 ヤスツナ、ハヤテ、アガート 魔都パンデモニアム 全員を破産させなくても、相手の土地をすべて奪うだけで良い。
逆に、所持金とは関係なく、自分の土地が無くなったら敗北する
19 魔王の復活 ダンテ、ダンテ、ダンテ 魔都パンデモニアム タッグ戦。極めて不利な条件で始まる。
1ターン目から孤立した土地を戦闘で奪う戦法が有効である。シンボルはちまちま建てずに一気に建てると、通行税を無駄にせずに済む
20 決戦!! 空中都市 ジガー、ダンテ、孫悟空 円環の廃墟の国 外側のエリアを相手が独占し、自分は中央に土地を所有した状態で
全員を破産させなければならず、3人を相手にする長期戦となる。「ルート変更」がキーカードとなる

対戦モード[編集]

オプションで設定した条件で対戦する。ストーリーモードで使用した武器データを使用することが可能。

まず、開始条件を決める。

  • ノーマルモード:土地を0~3つ所持した状態で開始する。デフォルトでは0。
  • クイックモード:あらかじめカードや土地を所持した状態で開始する。

次に、対戦形態を決める。

  • シングル:個別に対戦する。
  • タッグ:他の人とチームを組んで戦う。ルールは前述したものが適用される。

隠し要素[編集]

このゲームには、ある条件を満たすと隠し要素が出現するものがある。

隠しアイテム
  • いちかばちか(6) ‐ 一定確率で一撃必殺(200ダメージ)。ミス時はダメージ0。
  • みがわり(7) ‐ 相手の攻撃を完全防御。
  • CFC(6) ‐ 相手の武器カードを破壊する。

いずれも「アイテム封じ」が効かない。これら3つは「電撃プレイステーションD」のDATA倉庫内にあるデータをダウンロードするか、 専用のキーワードを入力しないと使用不可。

隠しステージ
ストーリーモードのステージ16をクリアしてセーブすると、以後対戦モードで『東京199X』が選択可能になる。
シナリオセレクト
ストーリーモードを全てクリアしてセーブすると、シナリオの選択が自由にできるようになる。
キャラの変更も可能だが、その際に選択したキャラでもう一度ステージ20をクリアする必要がある。

他機種版[編集]

  • ガイアマスター 決戦! 世紀王伝説
2001年6月28日に発売されたドリームキャスト用ソフト。キャラクターやステージがポリゴン化されたが、PS版と比べるとゲームのテンポが悪くなった。廉価版が2003年9月11日に発売された。
  • ガイアマスター DUELカードアタッカーズ
2001年6月29日に発売されたゲームボーイカラー用ソフト。武器カードが大幅に増え、デッキエディット機能が追加された。

関連項目[編集]