カ仔煎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「蚵仔煎」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
蚵仔煎
Oyster omelette by Adonis Chen in Tainan City.jpg
中国語 蚵仔煎
蠔煎
中国語 蠔煎
士林夜市の屋台

蚵仔煎オアチェンオアゼン、Ô-á-tsian)は福建台湾の代表的な小吃の一つで、カキ入りのオムレツである。オムレツと称されているが実際には澱粉が主材料の粉物料理の一種であり(鶏卵の量は蚵仔煎一人分あたり一個が普通である)、日本のお好み焼きもんじゃ焼きに似ている。

蚵仔煎という漢字表記ではあるが、福建においては北京語でkēzǎi jiānと発音されることは少ない。これは中国の違う地方特有の料理名に良く見られる現象で、たとえ北京語での会話中であっても、この食事に言及するときは閩南語の発音を用い、ô-á-chian(オアチェン)などと発音することが普通である。

一般に福建と台湾では、平たい鉄板の上で油(ラードを使用するのが一般的である)を(香味に刻みニンニクを油に加えることもある)熱した後、小粒のカキを炒め、白菜または春菊(他にネギニラ水菜など、青菜なら何でもよい。もやしを加えることもある)を加えた後、水で溶いたサツマイモ澱粉(片栗粉)生地と卵で綴じ、(澱粉液を流し込んでから卵液をかける、または卵は隣で別に焼いて、焼いた澱粉生地をひっくり返して合わせる、という手順もある)、コテで一人分ずつに切り分け、ひっくり返して反対の面を焼いて、上から甘辛いたれ(オイスターソース、スイートチリソースケチャップ魚醤豆板醤などを合わせたもの)をたっぷりとかける(塗る)。

類似の料理[編集]

シンガポールのもの

香港では煎蠔餅 (粤拼: dzin1 ho4 beng2)、蠔仔餅 (粤拼: ho4 dzai2 beng2) または蠔烙といい、野菜は葱や香菜が使われ、魚醤や更にニンニク唐辛子などの入ったたれとともに提供される。

起源は広東省潮汕地区で、潮州料理の影響を受けている広東香港タイマレーシアシンガポールなどで見られる。シンガポールやマレーシアでは蚝煎といい、タイにはオースワン (ออส่วน) という。またホイトート (หอยทอด) は揚げ物の要素が強い食感の異なる料理である。

カキではなくエビを入れたものは蝦仁煎と呼ばれる。

関連項目[編集]