カーロプ空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミッティラン空港
カーロプ空軍基地
Midtjyllands Lufthavn
Flyvestation Karup
IATA: KRP - ICAO: EKKA
概要
国・地域  デンマーク
所在地 中央ユラン地域ヴィボーヘアニング
種類 軍民共用
運営者 カーロプ空港会社
標高 52 m (170 ft)
座標 北緯56度17分50秒 東経009度07分28秒 / 北緯56.29722度 東経9.12444度 / 56.29722; 9.12444
公式サイト https://midtjyllandslufthavn.dk/
地図
ミッティラン空港の位置
ミッティラン空港の位置
KRP/EKKA
ミッティラン空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
09R/27L 2,982×46 舗装
一部砕石
09L/27R 2,992×23 舗装
04/22 895×15 舗装
一部砕石
14/32 700×18 舗装
一部砕石
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ミッティラン空港: Midtjyllands Lufthavn: Midtjyllands Airport)は、デンマーク王国中央ユラン地域ヴィボーヘアニングに所在する軍民共用空港。2017年2月5日にカーロプ空港: Karup Lufthavn: Karup Airport)から「ミッティラン空港」へ改名された[1]。空軍基地としては「カーロプ空軍基地: Flyvestation Karup: Karup Air Base)」となっている。

歴史[編集]

飛行場は第二次世界大戦中のドイツ占領下であった1940年からドイツ国防軍によって建設が始まり、1945年の終戦まで「Fliegerhorst Grove」と呼称されていた。開設当初はイギリス本土爆撃のために用いられたが、大戦末期は防空任務に使用された。

飛行場建設にはカーロプの平地とデンマーク鉄道のヘアニング=ヴィボー線デンマーク語版を弾薬・燃料輸送で利用するために選定されている。

戦後は1949年まで難民キャンプとして利用されている。西近郊にあるグローブ難民墓地はその時代を物語っている。

1950年のデンマーク空軍独立後、飛行場には飛行隊が編制され、第725飛行隊(戦闘爆撃)や第729飛行隊(偵察)は1970年から1993年までサーブ 35 ドラケン戦闘機を運用していた。カーロプ基地はデンマーク空軍におけるドラケン戦闘機が最後まで配備されていた飛行場であった。

空港としてはユトランド半島中部と西部選出の政治家の要請により、カーロプとコペンハーゲン間就航便のため建設され1965年11月1日に開港する。

空港所有権についてはヴィボー、レンクービング、ホルステブロー、スキーヴェ、イカスト、カーロプ、ストルーア、スキャーン、レムヴィおよびヘアニング自治体で構成される。その後、デンマーク航空(後のスカンジナビア航空)に対し所有者間で補助金を出し合うことに合意し新規路線が開設する。当初は乗客15人から始まったが毎日運航され路線は成功し、保証の必要はなくなった。それどころか、空港の継続的発展は所有者間の初期投資以外の公的融資なしでも運営出来るようになっていた。

2010年には空港を約35万人の乗客が利用している。空港はノルウェーのキンバー・スターリング英語版の他、いくつかの国内および国際タクシーフライ企業によって管理されている。

空港施設としては、1968年に最初の空港ターミナルが建設される。それまでは管制塔の一部を間借りしていた。1991年に現在のターミナルであるガラスハウスの建設が始まる。新ターミナルの設計はトーステン・リース・アンデルセン社が担当した。2002年にスキャーンとレムヴィ自治体はカーロプ自治体(現在のヴィボー市議会)に所有権を売却した。

就航航空会社と就航都市[編集]

航空会社就航地
デンマークの旗 デンマーク航空輸送英語版 コペンハーゲン
季節運航:ハニア英語版
デンマークの旗 トーマス・クック航空スカンジナビア英語版 季節運航:アンタルヤ

配置部隊[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Karup Lufthavn skifter navn til Midtjyllands Lufthavn”. karup-lufthavn.dk (11-10-2016). 12-10-2016閲覧。

外部リンク[編集]