カール・リッター・フォン・ゲーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・リッター・フォン・ゲーガ
Carl Ritter von Ghega, drawn by Joseph Kriehuber, 1851
生誕 Carlo Ghega
1802年1月10日
ヴェネツィア, イタリア
死没 1860年3月14日(58歳)
ウィーン
民族 アルバニア人
著名な実績 ゼメリング鉄道の設計
テンプレートを表示

カール・リッター・フォン・ゲーガ(Carl Ritter von Ghega、1802年1月10日 - 1860年3月14日)は、グログニッツからミュルツツーシュラークを結ぶゼメリング鉄道を設計した。

1802年ヴェネツィアアルバニア系の家族に生まれた。彼が18歳の時パドヴァで数学の博士号を取得した。彼はヴェネツィアでエンジニアリング油圧工学を始めた。

1836年から1840年にかけて彼はブルノからブジェツラフまでの鉄道建設の監修をした。この鉄道を皇帝フェルディナンド北鉄道と呼ばれている。

1848年ウィーントリエステ間を結ぶゼメリング鉄道の建設を開始した。

1860年ウィーンで結核で死亡した。


関連項目[編集]