カール・ラーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・ラーナー

カール・ラーナーKarl Rahner1904年3月5日 - 1984年3月30日)は、ドイツ出身のカトリック教会司祭イエズス会員、20世紀を代表する神学者の一人。宗教的包括主義を唱えた。

ドイツフライブルク出身のカール・ラーナーは、1922年、イエズス会入会。1932年、司祭叙階。第2バチカン公会議においてイヴ・コンガールらと共に主導的な役割を果たした。カトリック信仰を現代的な感覚で理解し、つねに人間という視点を保持しながら解釈したことで知られる。また、「無名のキリスト者」という概念を用いて、他宗教信者への神の救いの可能性を示唆し、他宗教信者への一定の理解を示した。

1984年3月30日、オーストリアインスブルックで死去した。

主な著作(日本語版のあるもの)[編集]

  • 『現代に生きるキリスト教』小林珍雄訳 エンデルレ書店 ヘルデル文庫 1965
  • 第二バチカン公会議 あらたな事始め』小林珍雄訳 エンデルレ書店 1966
  • 『教会聖職の真義について』小林珍雄訳 エンデルレ書店 1967
  • 『この世界を愛する信仰』小林珍雄訳 エンデルレ書店 ヘルデル文庫 1967
  • 『第二バチカン公会議公文書解説』ヘルベルト・フォルクリムラ共著 小林珍雄訳 エンデルレ書店 1967
  • 『カトリック司祭の独身制について』粕谷甲一訳 中央出版社 1968
  • 『現代キリスト教思想叢書 13 (ラーナー,グァルディーニ)』「自由としての恩寵(抄)」武藤一雄,片柳栄一訳 白水社 1974
  • 『人間の未来と神学』稲垣良典訳(中央出版社、1975 サンパウロ社)
  • 『キリスト教とは何か 現代カトリック神学基礎論』百瀬文晃訳 エンデルレ書店 1981
  • 『めざめて祈れ』初見まり子訳 中央出版社 1982
  • 『あなたの兄弟とは誰か』宮沢みどり訳 中央出版社 1985 サンパウロ社)