カール・ユーナス・ルーヴェ・アルムクヴィスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カール・ユーナス・ルーヴェ・アルムクヴィスト
Carl Jonas Love Almqvist (ca 1835) av Carl Peter Mazer.jpg
sv:Carl Peter Mazerによって描かれたアルムクヴィスト(1835年
誕生 Carl Jonas Love Almqvist
(1793-11-28) 1793年11月28日
 スウェーデンストックホルム
死没 (1866-09-26) 1866年9月26日(72歳没)
Flag of the German Confederation (war).svg ドイツ連邦ブレーメン
墓地 ソルナ教会英語版
職業 作家詩人
言語 スウェーデン語
国籍 スウェーデン
最終学歴 ウプサラ大学
ジャンル 叙事詩抒情詩小説戯曲[注釈 1]
文学活動 ロマン主義
代表作 野ばらの書スウェーデン語版
デビュー作 アモリーナスウェーデン語版
子供 2人[注釈 2]
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
ソルナ教会英語版にあるアルムクヴィストの墓石
1823年にアルムクヴィストによって描かれた女性(サビニの女たちの略奪
アルムクヴィスト(1843年

カール・ユーナス・ルーヴェ・アルムクヴィスト[注釈 3]スウェーデン語:Carl Jonas Love(Ludvig) Almqvist1793年11月28日 - 1866年9月26日)は、スウェーデンストックホルム出身の作家詩人作曲家フェミニストリアリスト

文学ロマン主義の最後を飾る作家で[1]著作小説戯曲叙事詩抒情詩を初め地理歴史美学哲学論文社会政治評論数学語学教科書まで多岐に渡って出版した[1][2]

生涯[編集]

1793年11月28日、スウェーデンのストックホルムに軍人カール・グスタフ・アルムクヴィストスウェーデン語版の元に生まれる。

1808年ウプサラ大学で学び[2][3]1815年Ph.D.学位)を修得して卒業[4]。その後はストックホルムで公務員を務めた[3]

1822年にロマン主義的処女作アモリーナスウェーデン語版[注釈 4]著すが公務員の仕事が長く続かず1823年に諦め、同年のにアルムクヴィストの友人フランスで活躍した哲学者政治哲学者、作家、作曲家であるジャン=ジャック・ルソー思想に憧れてヴェルムランド地方農民の生活を経験する[2]。自身の名前まで農民風に改めて[1]百姓結婚して二人の子供も持つが二年程で農民の生活を挫折してストックホルムに戻り、作家生活に入った[3][5]。なお1839年にはルソーの「自然に帰れ」と言うフレーズの影響を受けて自身の農民生活を振り返った田園文学作品『会堂』がある。

1828年にはストックホルムの実験的な小学校sv:Nya Elementar)の教師1829年から1841年まで校長1837年牧師として務めたが仕事を見つけることができず1839年以降は新聞アフトンブラーデッド英語版』や雑誌sv:Jönköpingsbladet』の記者として働いた。

1833年から1851年まで幾度に渡ってアルムクヴィストの代表作である全14巻からなる詩集野ばらの書スウェーデン語版』を著す。

1851年6月証書変造や金利的問題でユーハン・ヤコブ・フォン・シェフェン(Johan Jacob von Scheven)と言う老人大尉ヒ素毒殺しようとした容疑にかけられ[2]アメリカ亡命[1]。なお、アメリカでの生活はほとんど不明翻訳家田中三千夫スウェーデン文学史上で最も謎と述べている[5][注釈 5]。また、晩年のアルムクヴィストの生涯が謎であるためアルムクヴィストの生涯と作品を共有するアルムクヴィスト学会スウェーデン語版がある。

その後、各地を放浪して貧乏のままヨーロッパに戻るが1866年9月26日、帰途のドイツ連邦(現:ドイツブレーメンで没した[1][5]

作品スタイル[編集]

アルムクヴィストの初期の作品は1823年に著され、処女作でもあるロマン主義的な小説『アモリーナ』があるが、1830年代よりドイツの作家、作曲家、音楽評論家画家法律家E.T.A.ホフマンやアメリカの小説家、詩人のエドガー・アラン・ポー影響されて自然主義文学[6]ないしリアリズム社会批判関連の作品を著すようになった[2]

様々な分野を初め、数多くの著作がある中でもアルムクヴィストの主著とされる作品が1833年から1851年まで幾度に渡って出版された全14巻からなる詩集『野ばらの書』である。

1834年、スウェーデン王国のホルシュタイン=ゴットルプ朝第二代の国王であるグスタフ3世の時代を描いた小説『女王の宝石(sv:Drottningens juvelsmycke[7]』を著す。

1839年に著された女性解放を先駆けて取り扱ったフェミニズム短編小説『それでよい(sv:Det går an[8]』は結婚とは自分自身の問題であるため教会国家が介入する必要はないと言う主張が当時の人々を慨嘆させた[2]

また、1840年には旧幕時代の日本舞台にして商業で成功をおさめて富豪となった一人の武士を描いた物語『御殿』がある[1]

作品[編集]

作品は参考文献に邦題があったもののみ記載する。

  • 1822年、小説『アモリーナ』 - 1839年に改訂し、出版。
  • 1833年~1851年、詩集『野ばらの書』
  • 1834年、歴史小説『女王の宝石[7]
  • 1839年、小説『会堂』
  • 1839年、短編小説『それでよい[8]

その他[編集]

  • 戯曲『ルーナ夫人』
  • 戯曲『ラミドー・マリネスコー』
  • 小説『御殿』
  • 小説『パルジュムフ』 - 子供向きに著された作品。
  • 小説『シェルノラの水車』
  • 『オルムスとアリマン』 - 倫理的な問題を取り扱った作品。

注釈・脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 他に地理歴史美学哲学論文社会政治評論更には数学語学教科書などがある。
  2. ^ 亡命後の生活が詳細不明であるためヴェルムランド地方で生まれた子供を記載した。
  3. ^ 日本語ではヨナスアルムクビスト表記される。また、カール・ヨーナス・ルードヴィグ・アルムクヴィストとも。
  4. ^ 『アモリーナ』はその後に改訂し、1939年に出版。
  5. ^ アメリカでもスウェーデンと掛け合わせて重婚したとされる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 世界大百科事典 1972, p. 526.
  2. ^ a b c d e f 万有百科大事典 1973, p. 31.
  3. ^ a b c アルムクビストとは - コトバンク、平成25年3月20日閲覧。
  4. ^ アルムクヴィストと同時期に卒業した著名な人物で同国出身の詩人で作家のペール・ダニエル・アマデウス・アッテルブムらが居る。
  5. ^ a b c 田中三千夫「アルムクビスト[リンク切れ] - Yahoo!百科事典
  6. ^ 山下泰文「スウェーデン文学[リンク切れ] - Yahoo!百科事典
  7. ^ a b なお、日本語訳では『女王の装身具』とも訳される。
  8. ^ a b なお、日本語訳では『これも結構』とも訳される。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]