カール・フリードリヒ・モール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カール・フリードリヒ・モール

カール・フリードリヒ・モール1806年11月4日1879年9月28日)は、ドイツコブレンツ出身の化学者19世紀、彼は滴定に関する多くの重要な方法論を発展させた。モール塩は彼の名にちなんでいる。

生涯[編集]

1806年 コブレンツの繁盛している薬剤師の家族として生まれる。

1827年 21歳の時にグメリンの下で化学を勉強し始め、ハイデルベルクベルリンボンで5年間ののちPhDの学位を取って父親の店を手伝いに戻った。

1840年 父親が死ぬまでの間、店を継ぎ、1857年に定年

1863年 57歳の時に幾つかの財務上の損失により、ボンで私講師となる。

1867年 薬学の員外教授として政府に直接影響を及ぼした。

1879年 死去[1]


業績[編集]

モールビュレット

脚注[編集]

  1. ^ Chisholm 1911.

参考文献[編集]

関連項目[編集]