カール・フリードベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Carl Friedberg

カール・ルドルフ・ヘルマン・フリードベルクCarl Rudolf Hermann Friedberg, 1872年9月18日 ビンゲン1955年9月9日 メラーノ)は、ドイツピアニスト、音楽教師。

フランクフルトホーホ音楽院にてジェームス・クヴァストクララ・シューマンピアノを師事する。その後1893年から1904年まで同校の教員を経て、1904年から1914年までケルン音楽院(現・ケルン音楽大学)の教壇に立った。1923年から1946年に隠退するまで、ニューヨーク芸術音楽専門学校(現・ジュリアード音楽院)でピアノ科の首席教授を務める。主要な門人にエリー・ナイマルコム・フレイジャー、ブルース・ハンガーフォード、ウィリアム・マセロスらがいる。

フリードベルクは60年以上にわたって欧米でピアニストとして演奏を続けた。1900年12月2日グスタフ・マーラーの指揮するウィーン宮廷管弦楽団と共演して公式のデビューを果たした。但し、1893年には全曲ブラームス作品によるリサイタルを本人立ち会いのもとに行い、作曲者から称賛を得た。その後はブラームスのピアノ曲のほとんどについて、作曲者本人の個人指導により特訓を受けている。1920年にはアルトゥル・シュナーベルの後任として、カール・フレッシュフーゴ・ベッカーが結成したピアノ三重奏団に加入し、1932年に解散するまで室内楽奏者として活動した。アメリカではフリッツ・クライスラーと数多くのリサイタルで共演しており、1937年にはダニエル・カルピロフスキーやフェリックス・サルモンドと自前のピアノ三重奏団を結成している。その後1955年9月9日イタリアに客死した。

フリードベルクはレパートリーの幅広い演奏家であったが、一般的にベートーヴェンシューマン、ブラームスのピアノ曲と結びつけられることが多い。