カール・フォン・ピュックラー=ブルクハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カール・フリードリヒ・グラーフ(伯爵)・フォン・ピュクラー=ブルクハウス、フライヘア(男爵)・フォン・グローディツ(Carl Friedrich Graf von Pückler-Burghauss, Freiherr von Groditz、1886年10月7日 - 1945年5月12日)は、ナチス・ドイツ親衛隊の将軍。最終階級は親衛隊中将および武装親衛隊中将 (SS-Gruppenführer und Generalleutnant der Waffen-SS) 。

略歴[編集]

プロイセン王国ブレスラウにプロイセン陸軍の貴族将校の息子として生まれる。1913年にザクセン=アルテンブルク公子アルベルトの娘オルガ・エリーザベトと結婚した。第一次世界大戦には参謀幕僚として従軍。大戦中に一級鉄十字章二級鉄十字章を叙勲。戦後はシレジア義勇軍(フライコール)に参加。その後、フォン・ピュックラー=ブルクハウス伯爵家へ帰り、広大な地所の経営を行った。1931年に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)と突撃隊に参加。1937年には突撃隊少将(SA-Brigadeführer)まで昇進。1938年には突撃隊本部の事務室長となる。また同年、大尉(Hauptmann)階級でドイツ国防軍陸軍に入隊した。1940年に少佐(Major)に昇進し、第337歩兵師団の参謀将校となる。

1940年7月に親衛隊少将(SS-Brigadeführer)階級で親衛隊に移籍。親衛隊地区「南東」や「シュプレー」の参謀将校となる。1942年1月から1943年3月までエーリヒ・フォン・デム・バッハの後任として「中央ロシア」親衛隊及び警察高級指導者(Der Höhere SS und Polizeiführer "Rußland-mitte") に就任。1943年5月1日から1944年2月17日にかけて第15SS武装擲弾兵師団の師団長に任じられた。1944年9月1日に親衛隊中将および武装親衛隊中将に昇進。その後、ドイツの敗戦までチェコスロヴァキアで武装親衛隊司令官をしていた。

プラハのドイツ市民をできる限り避難させてソ連軍の手から逃がした後、1945年5月12日にピルゼンにおいて自決した。

参考文献[編集]

  • Mark C. Yerger 著 『Allgemeine-SS』(Schiffer Pub Ltd)50ページ。ISBN 978-0764301452