カール・ファジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カール・ファジー
(カール・ファーギー)
プロフィール
リングネーム カール・ファジー
キング・カール・ファジー
プリティ・ボーイ・ファジー
身長 188cm[1][2]
体重 115kg(全盛時)[1][2]
誕生日 (1953-04-25) 1953年4月25日(67歳)[2]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オクラホマ州の旗 オクラホマ州[1][2]
デビュー 1977年[3]
引退 1989年[2]
テンプレートを表示

カール・ファジーCarl Fergie1953年4月25日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーオクラホマ州出身。より原音に近い表記は「カール・ファーギー」だが、本項では来日時の呼称など日本で定着している表記を使用する。

地元のオクラホマやテネシーなどのミッドサウス地区を主戦場に、キャリア前半はベビーフェイス、後にヒールのポジションで活動した[4]。テネシー州メンフィス出身のジェリー・ローラーウェイン・ファリスは従兄弟にあたる[2][5]

来歴[編集]

同郷のダニー・ホッジに憧れ[1]、地元オクラホマを拠点とするNWAのトライステート地区にて1977年にデビュー[3]ベビーフェイスジョブ・ボーイとして、同地区を皮切りにテキサス中西部など各地を転戦し、1979年にはジョージア地区にて、アメリカ再修行時代の天龍源一郎スタン・ハンセンとも対戦した[6]

1980年3月、全日本プロレスの『第8回チャンピオン・カーニバル』に初来日。開幕戦ではジャンボ鶴田との公式戦が組まれるも敗退した[7]。この第8回大会では、テリー・ファンクディック・スレーターテッド・デビアスの「テリー軍団」と、アブドーラ・ザ・ブッチャーレイ・キャンディミステリアス・アサシンの「ブッチャー軍団」との外国人同士の軍団抗争が焦点となったが、ファジーはどちらの陣営にも属することができず、注目されることのないまま全敗の戦績に終わった[8]

帰国後、テネシー州メンフィスCWAに参戦。ジェリー・ローラートミー・リッチビル・ダンディージミー・バリアントリッキー・モートンロバート・ギブソンら人気選手と共闘し、ジプシー・ジョーポール・エラリングボビー・イートンキラー・カール・クラップビル・アーウィンソニー・キングなどと抗争したが[9]、後にヒールに転向。従兄弟のウェイン・ファリスに代わるラリー・レイザムのパートナーとなり、タッグチーム「ニュー・ブロンド・ボンバーズ」で活動した[4]

1981年6月、国際プロレスの『ダイナマイト・シリーズ』に来日。同シリーズは外国人選手の参加キャンセルが相次いだため(当初はラリー・レイザムとのニュー・ブロンド・ボンバーズでの参戦予定だったが、レイザムはザ・ムーンドッグスの新メンバーとしてWWFに移籍したため来日中止となった)、結果としてエースのジプシー・ジョーに次ぐ外国人サイドの2番手を務めることとなり、最終戦6月25日の清水市大会では、CWAでも邂逅していたジョーとのコンビでマイティ井上&阿修羅・原IWA世界タッグ王座に挑戦した[10]。国際プロレスの活動停止後の9月24日に『国際プロレスアワー』の特番枠で深夜に録画放送されたこの試合は、国際プロレスの最後のテレビ中継試合ともなった[11]

1981年10月よりジム・クロケット・ジュニア主宰のMACWに参戦[12]1982年1月にはオックス・ベーカーと組んでジェイ・ヤングブラッド&ジョニー・ウィーバーからNWAミッドアトランティック・タッグ王座を奪取したが、同月29日にヤングブラッド&ポークチョップ・キャッシュに奪還された[13]。同年6月からはベビーフェイスに戻ってCWAに再登場。ジェリー・ローラーやロン・バスと組んでミッドナイト・エクスプレスと抗争したが、ほどなくして再度のヒールターンを行い、"キング" カール・ファジー"King" Carl Fergie)と名乗って従兄弟のローラーと遺恨戦を展開した[14]

1983年6月から8月にかけてはジョージア・チャンピオンシップ・レスリングの興行にも出場、アトランタオムニ・コロシアムではノーマン・フレデリック・チャールズ3世と組み、若手時代のリック・ルード&アーン・アンダーソンと対戦した[15]1984年からは地元トライステート地区の後継プロモーションだったビル・ワット主宰のMSWAに出場、1980年代中盤に一時セミリタイアしてレフェリーを務めていたこともある[5]1987年より現役に復帰して古巣のCWAに参戦。9月7日にジェフ・ジャレットを破りNWAミッドアメリカ・ヘビー級王座を獲得したが、1週間後に奪回されている[16]

1989年の引退後は、1994年12月にWCW1997年5月にWWFのTVショーに出場。WCWではガーディアン・エンジェルダスティン・ローデス、WWFではニュー・ブラックジャックスブラックジャック・ウインダム&ブラックジャック・ブラッドショー)のジョバーを務めた[17]

獲得タイトル[編集]

ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
  • NWAミッドアメリカ・ヘビー級王座:1回[16]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P77(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c d e f Carl Fergie”. Cagematch.net. 2016年8月12日閲覧。
  3. ^ a b Carl Fergie”. Wrestlingdata.com. 2016年8月12日閲覧。
  4. ^ a b 『国際プロレス クロニクル 下巻』特典付録CD-ROM 国際プロレス全パンフレット / '81 ダイナマイト・シリーズ(2011年、クエスト)
  5. ^ a b Carl Fergie”. Online World of Wrestling. 2016年8月12日閲覧。
  6. ^ The GCW matches fought by Carl Fergie in 1979”. Wrestlingdata.com. 2016年8月12日閲覧。
  7. ^ The AJPW matches fought by Carl Fergie in 1980”. Wrestlingdata.com. 2016年8月12日閲覧。
  8. ^ AJPW 1980 The 8th Champion Carnival”. Puroresu.com. 2016年8月12日閲覧。
  9. ^ The USWA matches fought by Carl Fergie in 1980”. Wrestlingdata.com. 2016年8月12日閲覧。
  10. ^ IWE 1981 Dynamite Series”. Puroresu.com. 2016年8月12日閲覧。
  11. ^ 『忘れじの国際プロレス』P99(2014年、ベースボール・マガジン社ISBN 4583620802
  12. ^ The WCW matches fought by Carl Fergie in 1981”. Wrestlingdata.com. 2016年8月12日閲覧。
  13. ^ a b NWA Mid-Atlantic Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2020年3月11日閲覧。
  14. ^ The USWA matches fought by Carl Fergie in 1982”. Wrestlingdata.com. 2016年8月12日閲覧。
  15. ^ The GCW matches fought by Carl Fergie in 1983”. Wrestlingdata.com. 2021年2月7日閲覧。
  16. ^ a b NWA Mid-America Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年8月12日閲覧。
  17. ^ Carl Fergie: Matches”. Cagematch.net. 2016年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]