カール・シャーリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カール・シャーリエ(Carl Vilhelm Ludwig Charlier 、1862年4月1日 - 1934年11月5日)はスウェーデン天文学者オルバースのパラドックスに対して宇宙の階層構造を提案したことなどで知られる。

ウプサラ大学で学位をとり、ウプサラ大学、ストックホルム天文台ルンド大学などで働いた。1897年からルンド天文台の所長を務めた。恒星の固有運動、位置の研究を行い、宇宙のモデルを先駆的な提案した。

統計学[編集]

統計学の分野も研究し、誤差の理論などに貢献した。シャーリエ多項式は量子力学における確率・統計で用い、シャーリエ展開とも言う[1]。 。

[編集]

命名[編集]

  • 小惑星:(8677) Charlier
  • 月のクレータ

脚注[編集]

  1. ^ 伏見康治確率論及統計論」第III章 記述的統計学 26節 Charlierの多項式 p.171 ISBN 9784874720127 http://ebsa.ism.ac.jp/ebooks/ebook/204

外部リンク[編集]