カール・サイモントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

カール・サイモントン(O. Carl Simonton, 1942年 - 2009年6月18日)は、アメリカの精神腫瘍学者。精神社会腫瘍学(Psychosocial Oncology)・精神神経免疫学(Psychoneuroimmunology)の先駆者とされ、のサイモントン療法の創始者、サイモントン癌センター(The Simonton Cancer Center:米カリフォルニア州)の設立者である。

来歴[編集]

放射線腫瘍専門医として癌治療を行っていたが、治療に患者の精神面が与える影響が大きいと認識し、癌患者の精神面をサポートする療法の研究を開始した。

1973年までにサイモントン療法の実践的・系統的体系の基礎を確立した。1974年から1981年に、療法を実践して癌患者の生存期間および生活の質(QOL)の改善について研究を行った。この初期の研究は後にベストセラーとなり癌患者にとっての古典とされる著書の基盤となった。1997年にはアメリカ医学会 (American Medical Association; AMA)による国際映像コンクールにおいて、同博士によるビデオ"Affirmations For Getting Well" が一位を受賞した。このビデオは米国の多くの病院で用いられ、多くの腫瘍学者に配布されている。

存命中はサイモントン療法を行うセラピストの教育、認定も行い、同療法は米国のみでなくドイツ、ポーランド、日本、スイス、イタリアにおいても実施していた。来日は年数回の頻度で、講演会やがん患者およびその家族を対象としたプログラム、及びインターンのトレーニング指導を行っていた。

受賞歴[編集]

  • 米国癌コントロール学会(Cancer Control Society )人道賞(Humanitarian Award):30年にわたる腫瘍学分野での心理腫瘍学の創始者的業績に対して。
  • イタリアの国際文化芸術科学センターFoyer Des Artistes賞:癌と人道の分野での継続的努力に対して。

著書[編集]

  • "Getting Well Again" O. Carl Simonton, MD, Stephanie Mathews-Simonton, James L. Creighton, 1981. 和訳「がんのセルフコントロール」
  • "The Healing Journey" O. Carl Simonton, MD, and Reid Henson with Brenda Hampton, 1992. 和訳「がん治癒への道」

参考文献[編集]

  • 『非常の知―カプラ対話篇』吉福伸逸+星川淳+[田中三彦+上野圭一訳 工作舎 2000 ISBN 4-87502-148-8

ビデオ[編集]

  • "Affirmations For Getting Well" 日本語版「こころのセルフコントロール」

外部リンク[編集]