カール・ゲロ (ウラッハ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カール・ゲロ
Karl Gero
ウラッハ公
Wilhelmurach.jpg
ヴィルヘルム2世とその家族(一番左がカール・ゲロ)
在位 1928年 - 1981年

全名
出生 (1899-08-19) 1899年8月19日
ドイツの旗 ドイツ帝国
Flagge Königreich Württemberg.svg ヴュルテンベルク王国、リヒテンシュタイン、リヒテンシュタイン城
死去 (1981-08-15) 1981年8月15日(81歳没)
西ドイツの旗 西ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州リヒテンシュタイン、リヒテンシュタイン城
埋葬 西ドイツの旗 西ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州グローセンクシュティンゲン
配偶者 ガブリエーレ
家名 ウラッハ家
父親 ミンダウガス2世
母親 アマーリエ
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

カール・ゲロ・フュルスト・フォン・ウラッハ・グラーフ・フォン・ヴュルテンベルクドイツ語: Karl Gero Fürst von Urach Graf von Württemberg, 1899年8月19日 - 1981年8月15日)は、第3代ウラッハ公

生涯[編集]

ヴュルテンベルク王国の領地の1つリヒテンシュタイン(ロイトリンゲン)にあるリヒテンシュタイン城英語版において、ウラッハ公ヴィルヘルム2世と最初の妃アマーリエの次男に生まれた。父方の祖母はモナコ公女フロレスティーネであったことから、モナコ公位継承権を持っていた。

1918年6月4日、父ヴィルヘルム2世は、新たに独立したリトアニア王国の王としてリトアニア評議会から招聘を受けた。同年7月にヴィルヘルム2世はこれを受諾し、ミンダウガス2世の御名を戴いた。ミンダウガス2世の統治は、第一次世界大戦でのドイツ帝国の敗北の後、終焉を迎えた。

1928年3月24日の父の死去に続き、同年末に兄のヴィルヘルムドイツ語版貴賤結婚のためにウラッハ公位の継承権を放棄した。そのためカール・ゲロがウラッハ公位を継承し、併せてリトアニア王位継承権者となった。

1940年6月20日、ヴァルトブルク伯爵夫人ガブリエーレ(Gabriele Gräfin von Waldburg zu Zeil und Trauchburg, 1910年 - 2005年)とヴァルトブルク家のツィール城で結婚した。子供がいなかったため、死後、ウラッハ公位は甥のカール・アンゼルムが継承した。

参照[編集]

先代:
ヴィルヘルム2世
ウラッハ公
1928年 - 1981年
次代:
カール・アンゼルム