カール・グスタフ・モサンデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カール・グスタフ・モサンデル
Mosander Carl Gustav bw.jpg
カール・グスタフ・モサンデル
生誕 1797年9月10日
カルマル市
死没 1858年10月15日
ローベン島
国籍 スウェーデン
研究分野 化学
主な業績 ランタン
エルビウム
テルビウム
プロジェクト:人物伝

カール・グスタフ・モサンデル(Carl Gustaf Mosander、1797年9月10日-1858年10月15日)は、スウェーデン化学者である。ランタンエルビウムテルビウムの各元素を発見した。カルマル市で生まれ、ローベン島で死去した。

モサンデルは、12歳の時に母親と一緒にストックホルムに引っ越すまで、カルマル市で学校に通った。そこで、彼はウグランの薬局の実習生となった。1817年に薬剤師の試験に合格したが、医学に興味を持ち、1820年にカロリンスカ研究所に入学し、1827年に外科学の修士号を取得した。彼は、研究所の化学の教員、また自然歴史博物館で鉱物標本収集の 助手として働いた。医学生時代の化学の教師はイェンス・ベルセリウスであり、1836年にモサンデルはベルセリウスの後を継いだ。ランタンは、1839年に彼が硝酸セリウムを加熱して部分分解し、生成した塩を硝酸で処理していた時に発見した。

モサンデルは、1833年にスウェーデン王立科学アカデミーの会員に選ばれた。

関連文献[編集]