カール・アブラハム・ピル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Carl Abraham Pihl
CarlAbrahamPihl.jpg
生誕 (1825-01-16) 1825年1月16日
スタヴァンゲル、ノルウェー
死没 1897年9月14日(1897-09-14)(72歳)
オスロ、ノルウェー(クリスチャニア)
国籍 ノルウェー
出身校 チャルマース工科大学
職業 土木工学者・技術者
雇用者 ノルウェー国鉄
著名な実績 ノルウェー鉄道の先駆者
配偶者 Catherine Ridley
子供 11
Thomas Bugge Pihl
Fredrikke Wivicke Margrethe Løvold

カール・アブラハム・ピル(ノルウェー語: Carl Abraham Pihl)は、ノルウェー土木工学者、ノルウェー国鉄局長を1865年から亡くなるまで務めた人物である。ピルはノルウェーの鉄道に狭軌を導入した主要な技術者の一人でもある。[1]

生涯[編集]

トーマス・ブッゲ・ピルとフレドリッケ・ウィヴィッケ・マルゲレッテ・ロヴォルドの息子で、水兵としてキャリアをスタートさせたが直ぐにヨーテボリチャルマース工科大学(1841-1844)に通うことを選んだ。カールはエンジニアとしてロンドンで働き、多くのケースで鉄道に関連しその中でロバート・スチーブンソンとも多く関わった。その後、2年間フィールドワークを始めサフォークで1850年までマネージメント職に就いていた。イングランドで勤務していた期間に写真芸術を学んでいる。彼のコレクションのうち、1862年に遡るユニークなコレクションがノルウェー鉄道の遺産として残されている。[1]

ピルはノルウェーに1850年に戻り、ノルウェー労働省 (enの道路事務所で勤務し始めたが1851年に技術者としてノルウェー初の鉄道となるホヴド線(幹線) (enオスロ・リルストレン間に従事した。鉄道路線の開業後、1854年にイングランドに戻ったが、再びノルウェーへ帰りテレマルク運河 (enに従事後、アーケシュフース県の技術者となった。1855年、ピルはシーエンでのポンプ場やガス工場の建設を提案した。[2]それ以来彼は当時のノルウェーではもっとも著名な鉄道建設の技術者で、1856年にノルウェーの初期の鉄道路線の建設計画に携わり、最初にコングスヴィンゲール線 (enローロス線 (enトロンハイム - ストレン線 (enに従事した。1858年、 Statens Jernbaneanlægs hovedkontor が国有鉄道を管理すために設立され、ピルは局長として雇われた。[1][3]

その後、1865年に鉄道組織は再編されピルは最初のノルウェーの国有鉄道の総裁に任命された。1883年にノルウェー国鉄に改組され、ピルはfixed-stock部門の局長として生涯その職にあった。彼の40代後半はそれ以前より影響力はなくなったと考えられるが、当時のノルウェーの官吏としては最高給取りとして残った。 彼の技術的な援助を認め1871年に1067mmで開業したトロント・グレイ・ブルース鉄道 (enトロント・ニピッシング鉄道 (enの運営者は通行料を払うことを申し出た。ピルはそのような通行料によって自身が危うくならないよう、彼自身のやり方で支払うよう主張した。サザーランド公3世 (enヘンリー・ワトリー・タイラー (enの客人としてオスロ(当時のクリスチャニア)からイングランドに向け多くの時間を要し航海し、クルーにあるLNWR機関車製作所のジョン・ラムスボトムを訪問している。イングランドを訪問した際、さらにニューヨークへ航海しスウェーデンの技術者ジョン・エリクソンに会っている。ピルは蒸気船列車ナイアガラの滝を旅しトロントへ向かった。カナダの狭軌鉄道網の局長はピルの名誉を讃え、宴を開き銀で出来た壷を贈呈した。ピルはトロントでグランドトランク鉄道の仕事の誘いを受けたが、ノルウェーでの賃金の倍にも関わらずそれを拒否している。[4]

1870年、彼はスウェーデン王立科学アカデミーの会員に選ばれ、1880年5月4日にイギリスの土木工学協会 (enの会員に選ばれている。[5]ピルはカテリーヌ・リドリーと結婚し1854年から1875年の間に11人の子供をもうけた。[1]

ゲージの論争[編集]

ピルによる撮影の1868年のランドフィヨルド線の開業

ホヴド線がロバート・スチーブンソンにより造られた時、イギリスの標準軌で建設され橋や曲線は大きくなり過ぎ、路線の建設費は高騰した。ピルはもし代わりに狭軌で建設すれば路線の建設費を減らせると感じていた。その後、外国の設計が研究され最初にC. W. Berghの1,016 mm(3ft4in)が適当であると結論付けたが、ピルはそれよりやや広い1,067mm(3ft6in)を主張した。当時のピルの組織での影響力により政治家を確信させ、新しい鉄道は狭軌により建設されたが、スウェーデンと接続される鉄道は狭軌からは除かれた。1870年代1880年代が鉄道建設がブームとなりコングスヴィンガー線、メルケル線、エストフォル線を除く全ての路線が狭軌で建設され、ノルウェーには2つの互換性のないシステムがあった。[1]

当時はこの標準軌と狭軌の二つの異なった軌間のシステムを接続させること考慮されてこなかったが、世紀の大規模なプロジェクトであるベルゲン線セロン線など全ての孤立していた路線はつながるようになり、貨物や旅客の積み替えコストが資産を上回るようになり全ての狭軌路線は1909年から1949年にかけ廃止されるか、改軌された。1880年代、軌間の問題はたびたび主張され多数派は広いゲージを推していた。標準軌も狭軌も結果的には同じ建設コストであると言うものである。[4]ピルは後に それはまったく鉄道を構築していなかった時、狭さと安さの間を選択したもので狭軌は古いものとなってしまったと理解している。[4] ピルの死後、ベルゲン線は標準軌で建設されることが議会で決まった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Bjerke & Stenersen 2002, pp. 9–10.
  2. ^ Rødseth, Tor Inge; Gardåsen, Tor Kjetil (1999) (Norwegian). Med gamle kart gjennom Skiens historie (second ed.). Skien: Thure Forlag. p. 35. ISBN 82-91634-02-5. 
  3. ^ Holøs 1990, p. 34.
  4. ^ a b c Bjerke & Stenersen 2002, pp. 12–13.
  5. ^ “OBITUARY. CARL ABRAHAM, PIHL, 1825–1897.” (PDF). Minutes of the Proceedings: Inst. C.E 131 (1898): pp. 375–76. (January 1898). http://www.icevirtuallibrary.com. 

外部リンク[編集]