カール・アドルフ・テルシェック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Adolph Terscheck
ピルニッツの椿

カール・アドルフ・テルシェック(Carl Adolph Terscheck、1782年4月2日 - 1869年7月22日)はドイツの園芸家である。ドレスデン植物園の創設者の一人で、ヨーロッパ最古とされているピルニッツ宮廷庭園の椿を植栽した[1][2]

略歴[編集]

ブランデンブルク州のエルスターヴェルダに生まれた。父親のJohann Matthäus Terschecはエルスターヴェルダの宮廷庭師(Hofgärtner)で1897年から庭師の教育を受けた。1800年から1802年の間、ピルニッツ宮廷庭園の庭師を務め、1801年に、現存するヨーロッパ最古の椿の1つであるピルニッツの椿(Pillnitzer Kamelie)を現在の場所に植えた。これは樹高8.9mに育っている[3]

6年ほどシェーンブルン、ラクセンブルク、パリで修行をした後、ライプツィヒのSchloss Eythraで庭師となった。1809年からドレスデン宮廷庭園の主任庭師を務めた。1820年に植物学者のライヘンバッハ(Ludwig Reichenbach)や兄弟のヨハン・ゴトフリート・テルシェック(Johann Gottfried Terscheck)とドレスデン植物園を作り、その日本宮殿(Japanischen Palais)やイギリス庭園などを設計した[4]

参考文献[編集]

  1. ^ Mustafa Haikal: Das Geheimnis der Kamelie. Hrsg.: Schlösser und Gärten Dresden, Sandstein Verlag, Dresden, 2008, ISBN 978-3-940319-26-5.
  2. ^ Zhijue Zhang: Terscheck, Carl Adolph. In: Sächsische Biografie. Herausgegeben vom Institut für Sächsische Geschichte und Volkskunde., abgerufen am 19. Juli 2012
  3. ^ Stephanie Jäger: Das Wirken des Hofgärtners Carl Adolf Terscheck in Dresden. In: Mitteilungen des Landesvereins Sächsischer Heimatschutz 1 (1995), S. 31–35 : Ill
  4. ^ Broschüre „Stadt + Grün – Das Gartenamt“, S. 18