カーリンジャル城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カーリンジャル城(1814年

カーリンジャル城(カーリンジャルじょう、ヒンディー語:कालिंजर दुर्ग, 英語:Kalinjar Fort)は、インドウッタル・プラデーシュ州バーンダー県バーンダーに存在する城塞。中世インドの代表的な山城で、城のふもとには城下町があり、その町はカーリンジャルと呼ばれている。ただし、城と城下町をあわせてカーリンジャルと呼ぶこともある。

歴史[編集]

城内にあるニールカント寺院

この城の歴史は古く、2世紀頃には既に存在していた。

その後、ラージプートチャンデーラ朝の支配下に置かれ、長らくその支配下にあった。

1023年北インドに攻めてきたガズナ朝の君主マフムードに包囲され、占領される。

1526年ムガル帝国の創始者バーブルが占拠する。 その後、一時的にチャンデーラ朝後裔のラージプートが支配し、1545年にこの地を攻めたシェール・シャーは事故死した。

1812年イギリスブンデールカンドに侵入した際、この城は包囲され、まもなく併合された。

地理[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]