カーリング精神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カーリング精神The Spirit of Curling)とは、カーリング競技の基本理念。また、これを述べた文章。すべてのルールやジャッジを支えるものとして、競技者の間で尊重されており、カーリング競技規則の冒頭に前文として掲載されている。

概要[編集]

競技において、自らを律し、フェアに参加すべきことを述べたものである。原文は英語であり、競技各国によって自国語に訳されている。

日本語訳[編集]

カーリングは、技量と同じくらい、しきたりを重んじるスポーツである。うまくいったショットはひとつの喜びだが、カーリングの伝統あるしきたりが真に生きているゲームを目の当たりにすることは、それに勝るとも劣らないくらい素晴らしいことである。カーラーは勝つためにプレイするのであって、負かすためにプレイするのではない。真のカーラーは、不正をして勝つくらいなら負けることを選ぶだろう。

良きカーラーは対戦相手の気を散らしたりしない。またそういう行為によって、ベストを尽くそうとしている相手を邪魔したりはしない。

いやしくもカーラーたる者は、故意にルールを破ったり、しきたりを辱めたりはしない。しかし、もし偶然そうしてしまい、それに気づいたならば、誰に言われるまでもなく、自ら違反を申し出るものである。

ゲームというものは、プレイヤーそれぞれの技量を明らかにするためにある。しかし同時にゲームの精神について言えば、善きスポーツマンシップ、思いやりある態度、そして誇り高い振る舞いが求められている。この精神は、ルールの解釈や適用のしかたに生かすべきであるのみならず、アイスの上にあるとなきとにかかわりなく、すべての参加者が行いの鑑とすべきものである。

解説[編集]

ここに述べられている理念の背景として、カーリングがイギリス(スコットランド)発祥のスポーツの例に漏れず、プレイヤーを審判の監視でがんじがらめにするよりも、その自発的・自律的なフェアプレーにゆだねること(セルフジャッジ)を美徳とする競技であるということが挙げられる。

最後のよりどころとしてルールは存在するが、その解釈や適用は第一義的にはプレイヤーにゆだねられる。プレイヤー間の意見が食い違い、紛争が生じて初めて審判が介入するのがカーリング競技の基本的なありかたである。このような考え方、あるいは美意識は、文中ではtradition(伝統、しきたり、掟)として言及される。したがってtraditionにあたる部分(上の訳では「しきたり」)は、「昔から受け継がれてきた美徳」「美しき伝統」などと読みかえることも可能である。ただし、明文化されたrule(ルール)と、暗黙のうちに共有されるべきtradition(しきたり)を対置している面にも注意を要する。

またタイトルなどにみられる語spiritは、日本語では「精神」と訳されることが多いが、「すべての源泉となる抽象的本質」といった含意をもち、その点類似の言葉soul(魂、生命力)やmind(思考)、heart(心、感情)と異なる。この意味において、文中にある「精神」の語は「理念」「心がまえ」などに置き換えて読んだ方が理解しやすい面もある。しかし日本の競技者の間で「精神」という訳語が定着しているので、本項ではこの語を用いた。

関連項目[編集]