カーラ・マクラウド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カーラ・マクラウド
生誕 1982年6月16日(33歳)
カナダの旗 アルバータ州スプルース・グローブ
身長 5 ft 4 in (163 cm)
体重 133 lb (60 kg; 9 st 7 lb)
ポジション ディフェンス
代表 Template:Country data 女子カナダ
現役期間 –2010
獲得メダル
女子アイスホッケー
カナダの旗 カナダ
オリンピック
2006年 トリノ トーナメント
2010年 バンクーバー トーナメント
世界選手権
2007年 カナダ トーナメント
2005年 スウェーデン トーナメント
2008年 中国 トーナメント
2009年 フィンランド トーナメント

カーラ・マクラウド(Carla MacLeod、女性、1982年6月16日 - )は、カナダの元アイスホッケー選手、元カナダ代表で現指導者。アルバータ州スプルース・グローブ英語版出身。トリノオリンピックバンクーバーオリンピック金メダリスト。モントリオール・カナディアンズ伝説の名選手であったモーリス・リシャールの遠戚にあたる[1][2]

来歴[編集]

カルガリービショップ・キャロル高校英語版高校卒。マクラウドは、1991年と2001年にチーム・アルバータの一員としてカナダ国内選手権に参加した[3]

ウィスコンシン・バジャーズ[編集]

マクラウドはウィスコンシン・バジャーズ(ウィスコンシン大学マディソン校女子アイスホッケー部)で4年間プレーし、2003/04シーズンから2004/05シーズンまで主将を務めた。この間、チームのヘッドコーチであったマーク・ジョンソンを補佐した。マクラウドのリーダーシップはジョンソンをして「マクラウドは第2のヘッドコーチだ」と言わしめたほどであった[4]

また在学中にはスポーツ及び学業の優秀さを認められて、ウィスコンシン大学ビッグテンメダルを授与されている[5]。4年次にはモリー・エングストローム英語版(後にバンクーバーオリンピック銀メダリスト)とともにアシスタントコーチに就任し、映像によるゲーム分析を担当した[6]

カナダ代表[編集]

1999年から2003年まではU-22代表に選出されている。2003年にシニア代表入りし、同年の4か国対抗英語版で準優勝。翌年の4か国対抗では優勝を果たした。アイスホッケー世界選手権でのデビューは2005年大会からで、その前年までは代表落ちしており、この大会では銀メダルを獲得した。

2006年のトリノオリンピックでは金メダルを獲得し、自らも大会オールスターに選出されている。

2010年9月14日、カナダホッケー協会英語版は、マクラウドら4人の代表引退を発表した[7]。代表引退後はカナダロイヤル銀行の広報担当となった。

指導者[編集]

2010年秋、マクラウドはカルガリーに所在するマウントロイヤル大学英語版のアシスタントコーチに就任した[8]。2011/12シーズンは、U-18カナダ代表のアシスタントコーチを務め[9]、同チームをU18世界選手権優勝に導いた[10]

2012年2月、マクラウドは日本アイスホッケー連盟の招きに応じて女子日本代表の強化コーチに就任する[10]。2013年2月、日本代表はスロバキアポプラトで開催されたソチオリンピック世界最終予選で史上初の予選突破を果たした[11]。日本のメディアは、マクラウドの技術スキルや好感のもてる人柄だけでなく、アイスホッケーのメンタリティや俊敏に高い位置からプレスをかけるというプレースタイルを賞賛した。大澤ちほら日本代表メンバーに「失敗を恐れない。次に成功させればいい。だから笑顔で。」[12]と語り、楽しんでプレーすることを求めた。触発された選手らは話し合って、チームの愛称を「スマイルジャパン」にしようを決めたという[13]

主要大会のスタッツ[編集]

大会 出場試合 ゴール アシスト ポイント ペナルティ
2005 世界選手権 5 1 2 3 0
2006 オリンピック 5 2 2 4 2
2007 世界選手権 5 0 1 1 2
2008 世界選手権 5 1 3 4 2
2009 世界選手権 5 2 6 8 4
2010 オリンピック

[14]

受賞歴[編集]

  • 2004-05年 USCHO.com 年間ディフェンシブ・プレーヤー[15]
  • 2009年 世界選手権MVP

脚注[編集]

  1. ^ Sport Performance Weekly, November 14th, 2006”. Canadian Sports Centre. 2010年6月9日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ Journal Sentinel. “JSオンライン - プロフィール”. 2014年2月2日閲覧。
  3. ^ Canadian Gold 2010, Andrew Podnieks, p. 154, Fenn Publishing, Toronto, Canada, ISBN 978-1-55168-384-3
  4. ^ http://www.ctvolympics.ca/hockey/news/newsid=23388.html
  5. ^ Krabbenhoft and Jorgensen receive Big Ten Medal of Honor”. Wisconsin Athletics (2009年6月10日). 2010年4月9日閲覧。
  6. ^ Athletes (Vancouver 2010)”. NBC Sports. 2010年4月9日閲覧。
  7. ^ Four vets retire from women's hockey team”. Montreal Gazette (2010年9月15日). 2010年9月15日閲覧。
  8. ^ Olympian Becky Kellar among players retiring from Canadian Women's Hockey Team”. Hockey Canada (2010年9月15日). 2010年9月15日閲覧。
  9. ^ http://www.hockeycanada.ca/index.php/ci_id/170168/la_id/1.htm
  10. ^ a b 日本アイスホッケー連盟. “お知らせ - 女子代表■女子強化合宿開催”. 2014年2月9日閲覧。
  11. ^ 日本アイスホッケー連盟. “お知らせ - 女子代表■ソチオリンピック最終予選 悲願の出場権獲得”. 2014年2月9日閲覧。
  12. ^ 朝日新聞 2014年2月5日東京夕刊4版 8面より引用
  13. ^ Sponichi Annex. “アイホケ娘 愛称は「スマイルジャパン」 選手の希望通りに”. 2013年4月20日閲覧。
  14. ^ Collins gem Hockey Facts and Stats 2009-10, p. 20, Andrew Podnieks, Harper Collins Publishers Ltd, Toronto, Canada, ISBN 978-1-55468-621-6.
  15. ^ http://www.uscho.com/2005/03/22/uschocoms-200405-di-womens-yearend-honors/