カーブル川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カーブル川(ジャララバードで)
カーブル川の流れ(パキスタン

カーブル川ペルシア語: دریای کابل‎)、古くはCophen)は、アフガニスタンヴァルダク州ヒンドゥークシュ山脈にあるサングラク山塊(Sanglakh Range)を源流として始めは北へ後に東へ向きを変えパキスタンに流れる、長さ700キロメートル(430マイル)のである。[1]

流域の主要都市はアフガニスタンの首都カーブルジャラーラーバード、パキスタン国内ではペシャーワルインダス川との合流地点に近いアトックなど。総じてアフガニスタン東部とパキスタンのカイバル・パクトゥンクワ州の主要な川になっている。

アフガニスタン国内には幾つかの水力発電所が設置されており、カーブルなどに送電している。

古代からインド中央アジアを結ぶ交易路として利用された。

参照項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度21分25秒 東経68度50分21秒 / 北緯34.357度 東経68.8392度 / 34.357; 68.8392