カーフィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カーフィル英語: Kafir, アラビア語: كافر‎)は、イスラム教信奉者(ムスリム)が非ムスリム、若しくはムスリムでも自らと意見の異なるものを罵倒する際に用いられる言葉。『不信心者』という訳が一般的である。語源は語根のكفر (覆う、隠す→不信心)である。無神論者は「ダはリ」(dahria)(唯物論者)と呼ばれます。[1][2] 歴史的に、イスラム学者は多神教徒/ムシュリック(ヒンドゥー、シーク、ジャイン、仏教信者[6] [7])は非信者であることに同意しましたが、啓典の民(ユダヤ人と クリスチャン)または深刻な罪を犯したイスラム教徒のために。[3][4] クルアーンは、偶像崇拝者を表すmushrikという単語を使用して、mushrikunと啓典の民を区別していますが、一部の古典的なイスラム教徒の評論家は、キリスト教の教義を一種のムシュリクと見なしています。[5] イスラム教徒の侵略、奴隷化、略奪に関する回想録の中で、南アジアの多くのイスラム教徒の歴史家は、ヒンドゥー仏教徒シークジャインにカフィルという用語を使用しました。[6][7] [8][9] ユダヤ人とキリスト教徒はジジアにお金を払わなければなりませんでしたが、他のジジアはイスラム教に改宗するか、亡命するか、殺されなければなりませんでした。[10][11][12][13][14] この用語は蔑称と見なされます。 そのため、一部のイスラム教徒は「非イスラム教徒」という言葉の使用を推奨しています。[15][16]

それから派生して、南部アフリカで白人が黒人を蔑視する際に用いる(en:Kaffir (racial term))。南部アフリカ原産の植物の品種をあらわすこともある(en:Kaffir lily、さらに派生してカフィア・ライム(アフリカ原産ではない)など)。

関連項目[編集]

References[編集]

  1. ^ Swartz, Merlin (30 January 2015). A medieval critique of Anthropomorphism. Brill. p. 96. ISBN 978-9004123762. https://books.google.com/books?id=_5dbo6vYOREC&q=dahriya&pg=PA96 2017年7月27日閲覧。 
  2. ^ Goldziher, I. (2012-04-24). Dahrīya. Brill Online. https://referenceworks.brillonline.com/entries/encyclopaedia-of-islam-1/dahriya-SIM_1762?s.num=27&s.start=20 2019年1月9日閲覧。. 
  3. ^ Charles Adams; A. Kevin Reinhart (2009). "Kufr". In John L. Esposito (ed.). The Oxford Encyclopedia of the Islamic World. Oxford: Oxford University Press. ISBN 9780195305135
  4. ^ Björkman, W. (2012). "Kāfir". In P. Bearman; Th. Bianquis; C. E. Bosworth; E. van Donzel; W. P. Heinrichs (eds.). Encyclopaedia of Islam (2nd ed.). Brill. doi:10.1163/1573-3912_islam_SIM_3775
  5. ^ SHIRK, Brill, doi:10.1163/1573-3912_islam_sim_6965 
  6. ^ Engineer, Ashghar Ali (13–19 February 1999). “Hindu-Muslim Problem: An Approach”. Economic and Political Weekly 37 (7): 396–400. JSTOR 4407649. 
  7. ^ Elliot and Dowson, Tarikh-i Mubarak-Shahi, The History of India, as Told by Its Own Historians – The Muhammadan Period, Vol 4, Trubner London, p. 273
  8. ^ Elliot and Dowson, Tabakat-i-Nasiri, The History of India, as Told by Its Own Historians – The Muhammadan Period, Vol 2, Trubner London, pp. 347–67
  9. ^ Elliot and Dowson, Tarikh-i Mubarak-Shahi, The History of India, as Told by Its Own Historians – The Muhammadan Period, Vol 4, Trubner London, pp. 68–69
  10. ^ Michael Bonner (2008). Jihad in Islamic History. Princeton University Press. pp. 89–90. ISBN 978-1400827381. https://books.google.com/books?id=Qxq7eykoJgoC&pg=PA89. "To begin with, there was no forced conversion, no choice between "Islam and the Sword". Islamic law, following a clear Quranic principle (2:256), prohibited any such things [...] although there have been instances of forced conversion in Islamic history, these have been exceptional." 
  11. ^ Waines (2003) "An Introduction to Islam" Cambridge University Press. p. 53
  12. ^ Winter, T. J., & Williams, J. A. (2002). Understanding Islam and the Muslims: The Muslim Family Islam and World Peace. Louisville, Kentucky: Fons Vitae. p. 82. 978-1-887752-47-3. Quote: The laws of Muslim warfare forbid any forced conversions, and regard them as invalid if they occur.
  13. ^ Ira M. Lapidus. Islamic Societies to the Nineteenth Century: A Global History. p. 345 
  14. ^ "Islam". Encyclopedia Britannica. New York. 17 August 2021. 2022年1月12日閲覧
  15. ^ Winn, Patrick (2019年3月8日). “The world's largest Islamic group wants Muslims to stop saying 'infidel'”. The World, Public Radio International. https://www.pri.org/stories/2019-03-08/world-s-largest-islamic-group-wants-muslims-stop-saying-infidel 2020年11月15日閲覧。 
  16. ^ “NU calls for end to word 'infidels' to describe non-Muslims”. The Jakarta Post (Niskala Media Tenggara). (2019年3月1日). https://www.thejakartapost.com/news/2019/03/01/nu-calls-for-end-to-word-infidels-to-describe-non-muslims.html 2020年11月15日閲覧。