カ・ペーザロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg カ・ペーザロ - 国際現代美術館
Ca' Pesaro.jpg
施設情報
専門分野 美術, 歴史
館長 Silvio Fuso
開館 1902年 (1902)
所在地 {{{所在地郵便番号}}}
Santa Croce 2076,
30135 Venice, Italy
公式サイト capesaro.visitmuve.it
プロジェクト:GLAM

カ・ペーザロイタリア語: Ca' Pesaro)はイタリアヴェネツィアにあるカナル・グランデに面する宮殿であり、現在は国際現代美術館となっている。ヴェネツィアでのバロック建築の第一人者の一人であるバルダッサーレ・ロンゲーナにより設計され、後にGian Antonio Gaspariの手により1710年に完成した。

建物[編集]

17世紀中頃にペザーロ家の依頼によりバルダッサーレ・ロンゲーナが設計を行い、1659年ごろから建設が始まった。陸地側の建物は1676年に完成したが、カナル・グランデに面する建物正面(ファサード)はバルダッサーレ・ロンゲーナが亡くなった後も完成しておらず、ペザーロ家が後にGian Antonio Gaspariへ依頼して1710年に完成した。
バロック建築を元に、古典様式風の巨大な柱を擁したアーチを使って開廊(ロッジア)をファサードに用いた印象的な宮殿となっている。当初バルダッサーレ・ロンゲーナはカ・ペーザロの設計にあたって、ヴェネツィア建築の大家ヤーコポ・サンソヴィーノからの影響が多く見られ、斬新さ、豪華さ、複雑さ、力強さが非常にうまくまとまっている。1階のファサード部分は、表面をゴツゴツした岩の表面を柱やアーチに使い明暗を表現(キアロスクーロ)されており、2階部分は穹隅エンタブラチュアで装飾されている。エントランスホールは建物全体の吹き抜けとなっており、中庭やテラスなどに隣接する。
天井部分は多くの著名画家のフレスコ画などが良い状態で保存されており、また著名な画家たちの絵画(アルヴィーゼ・ヴィヴァリーニヴィットーレ・カルパッチョジョヴァンニ・ベリーニジョルジョーネティツィアーノ・ヴェチェッリオティントレットなど)をペザーロ家のコレクションとして保管されていたが、1830年までにペザーロ家の最後の継承者が生前にロンドンでオークションにかけてしまい散逸してしまった。
その後宮殿はGradenigo家に譲渡され、またArmenian Mechitarist Fathers(ベネディクト会の一会派)の大学として使用されていた事もあった。最終的にBevilacqua家の手に渡りBevilacqua La Masa財団の所有物となりFelicita侯爵夫人の遺言により市に寄贈され、1902年に市議会は2度目のヴェネツィア・ビエンナーレが開催された事も踏まえ宮殿を国際現代美術館として使用する事を決定した。また1908年から1924年にかけてBevilacqua La Masa財団が主催して若い芸術家(ウンベルト・ボッチョーニなど)の作品を展示していた。

国際現代美術館として[編集]

現在宮殿は国際現代美術館として使用されており、19世紀から20世紀の現代美術品が展示されている。

東洋美術[編集]

最上階は東洋美術の作品が展示されており(30,000点ほど所有)、日本の礒田湖龍斎鈴木春信葛飾北斎の作品や、中国インドネシアの作品が多く展示されている。これらはエンリコ・カルロ・ディ・ボルボーネ=パルマがアジアを訪れた際に集めたもので、現在は国際現代美術館に寄贈されている。

外部リンク[編集]