カンラン (カンラン科)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
売られるカンランの実。ベトナム・ホーチミン市

カンラン(橄欖、Canarium album)はカンラン科常緑高木。東南アジア原産。果実は食用にされ、種子からはが採れるため、東南アジアや華南で栽培される。見かけや利用方法がオリーブに似ているため、オリーブの訳語として橄欖が用いられたが、分類上は関係ない。