カンムリクマタカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カンムリクマタカ
Crowned eagle (African crowned eagle, crowned hawk-eagle) Stephanoaetus coronatus, at Ndumo Nature Reserve, KwaZulu-Natal, South Africa (28842541122).jpg
カンムリクマタカ Stephanoaetus coronatus
保全状況評価
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Accipitriformes
: タカ科 Accipitridae
: カンムリクマタカ属 Stephanoaetus
W.L. Sclater1922
: カンムリクマタカ S. coronatus
学名
Stephanoaetus coronatus (Linnaeus, 1766)
英名
Crowned Eagle

Stephanoaetus coronatus distribution map small 2.png

カンムリクマタカの生息図

カンムリクマタカタカ目タカ科クマタカ属の鳥。

分布[編集]

南アフリカ中部、南部[1]

形態[編集]

全長は80~98cm、重さは2.7~4.1kg[1]。 アフリカ最大級のタカで太く強い指と鋭いかぎ爪を持つ[1]

生態[編集]

森林に生息している。 食性は肉食サルや、ハイラックスなどの中型動物を食べる[1]

人間との関係[編集]

  • ザンビアで登校中の7才の少年が襲われる事件が起きた。少年は、に深い傷を受けた[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 今泉忠明監修『危険生物大図鑑』、株式会社カンゼン、2014年、28頁