カンブリア年代記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
『カンブリア年代記』(写本MS. Harley 3859, folios 190r-193r.、ロンドン大英図書館蔵)

カンブリア年代記』(Annales Cambriae)はウェールズの歴史を綴った年代記。カンブリアと呼ばれた地域をラテン語で綴った年代記で、ダヴェズ(Dyfedd)のセント・デービッツ(St. David's)で集められた10世紀以前の原稿を基に書かれている。

「カンブリア」と名づけられてはいるものの、この書はウェールズのみならず、コーンウォールイングランドスコットランド、場合によってはそれ以外の地域の年代も含められている。

資料[編集]

以下の4つが主要な資料として挙げられる。

  1. MS. Harley 3859, folios 190r-193r.、ロンドン大英図書館
  2. MS. E.164/1 (K.R. Misc. Books, Series I) pp.2-25、London (Kew), Public Records Office蔵
  3. MS. Cotton Domitian A.i, folios 138r-155r、ロンドン大英図書館蔵
  4. Exeter, Cathedral Library, MS. 3514, pp. 523-8, the Cronica ante aduentum Domini.、エクセター大聖堂附属図書館蔵
  5. ibid., pp. 507-19, the Cronica de Wallia.

1. は『ヒストリア・ブリットヌム』の写本の中に無題名のまま収められており、オウェイン・アプ・ヒュウェルの系譜の前にいきなり現れている。この年代記には表立った名前はついていないが、445年から977年までのものと思われ、最後の記事が954年で終わっている。このことからこの原稿は10世紀後半のものであると思われている。

2. は南ウェールズのニース(Nearth)にあるシトー会の修道院で書かれ、13世紀のものと思われる。題名は『Annales ab orbe condito adusque A.D. 1286.』となっている。

3. はセント・デービッツで書かれた本の一部にあり、題名を『Annales ab orbe condito adusque A.D. 1288』という。13世紀のものと思われる。

4. と 5. は南西ウェールズ、ウィットランドのシトー会修道院で書かれ、13世紀後半のものと思われる。4.は紀元前1132年から1285年までを書いた『Cronica ante aduentum Domini』、5.は1190年から1266年までを書いた『Cronica de Wallia』に含まれている