カンパニュラ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カンパニュラ
1077 Campanula
仮符号・別名 1926 TK
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1926年10月6日
発見者 K. ラインムート
軌道要素と性質
元期:2008年5月14日 (JD 2,454,600.5)
軌道長半径 (a) 2.392 AU
近日点距離 (q) 1.920 AU
遠日点距離 (Q) 2.865 AU
離心率 (e) 0.198
公転周期 (P) 3.70 年
軌道傾斜角 (i) 5.40
近日点引数 (ω) 13.48 度
昇交点黄経 (Ω) 346.29 度
平均近点角 (M) 32.75 度
物理的性質
絶対等級 (H) 12.2
Template (ノート 解説) ■Project

カンパニュラ (1077 Campanula) は、小惑星帯の小惑星。カール・ラインムートがハイデルベルクケーニッヒシュトゥール天文台で発見した。

地中海沿岸地方を原産とするキキョウ科の植物のカンパニュラに因んで命名された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]