カンネメエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カンネメエリア
カンネメエリア
カンネメエリア復元想像図
地質時代
三畳紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 四肢動物上綱 Tetrapoda
: 単弓綱 Synapsida
: 獣弓目 Therapsida
亜目 : 異歯亜目 Anomodontia
下目 : ディキノドン下目 Dicynodontia
: カンネメエリア科 Kannemeyeriidae
: カンネメエリア属 Kannemeyeria
学名
Kannemeyeria
  • K. latifrons
  • K. simocephala
  • K. simocephalica
  • K. vanhoepeni

カンネメエリア(Kannemeyeria)中生代三畳紀前期に生息していた草食単弓類絶滅した。単弓綱・獣弓目異歯亜目ディキノドン下目に属する。大型の草食動物であった。

特徴[編集]

カンネメエリア
カンネメエリア頭骨化石

全長約3mと雄牛程の大きさ。約40cmにも達する頭骨は頑丈であったが、眼窩鼻孔が大きく比較的軽量になっていた。胴体もがっしりとした作りであった。四肢は短く、蹠行性(ベタ足)であったため、動きは鈍重であったと思われる。

分布[編集]

カンネメエリア属は南アフリカ南アメリカ、インド、中国から化石が出土している。また、中国には近縁のシノカンネメエリアが生息していた。

参考文献[編集]