カントリー・ハウス (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カントリー・ハウス
ブラーシングル
初出アルバム『ザ・グレイト・エスケープ
リリース
規格 7インチ盤カセットテープCD
録音 1995年
ジャンル オルタナティヴ・ロックブリットポップ
時間
レーベル フード
プロデュース スティーブン・ストリート
ブラー シングル 年表
エンド・オブ・ア・センチュリー
(1994年)
カントリー・ハウス
(1995年)
ザ・ユニヴァーサル
(1995年)
ミュージックビデオ
「Country House」 - YouTube
テンプレートを表示

カントリー・ハウス」(Country House)は、イギリスオルタナティヴ・ロックバンドブラーのシングル曲。ブラーにとって初のチャート1位を獲得した楽曲である(2週連続)。4枚目のアルバムザ・グレイト・エスケープからのリードシングルとして、リリースされた。

概要[編集]

ブリットポップ最盛期、いわゆる「ブラー・オアシス戦争」(オアシスとのシングル同時発売によるチャート競争)にて「ロール・ウィズ・イット」を抑えバンド初の全英1位を獲得した楽曲。

仕事で成功をして引退し、田舎に大きなカントリー・ハウスを買って悠々自適に暮らす、スノッビーな男についての曲。

ライブでは陽気なリズム進行により観客が盛り上がる人気の曲でもあったが、前述の因縁によるブリットポップ狂騒とそのネガティヴ・イメージの象徴ともなった曲であり、バンド自身の自己嫌悪によって長らくライブでは封印状態にあった。しかし、2009年の再始動公演にてこの曲が10年ぶりにセットリストに復活している。

プロモーション・ビデオの監督は、アレックスの大学時代の友人でもある現代美術家のダミアン・ハーストが務め、カヴァージャケットにはドイツバイエルン州にあるノイシュヴァンシュタイン城の写真が使用されている。

日本国内で深夜に放送されていた音楽番組BEAT UK』(フジテレビ)では、UKシングルチャートトップ20でNo.1を獲得している。