カントリー・ガール 北海道牧場物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カントリー・ガール 北海道牧場物語
監督 福本義人
脚本 稲葉一広
主題歌 恋がステキな季節カントリー娘。
公開 日本の旗 2000年7月31日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

カントリー・ガール 北海道牧場物語』(カントリーガール ほっかいどうぼくじょうものがたり)は、2000年7月31日に公開された日本の映画作品[1]カントリー娘。の映画初主演作。

ストーリー[編集]

主人公・風見春香は大学受験に失敗した上、それまで住んでいた札幌の家も失ったため、親戚の経営する花畑牧場で働きながら予備校に通うことになった。都会暮しの身には慣れない牧場生活に苦戦しつつも、牧場の人々や動物たちとの触れ合いを重ねてゆく。札幌に残した恋人との別れ、一生懸命に世話をしていた動物の処分。様々な試練を経たある日、春香のもとに東京暮しのチャンスが訪れる。憧れていたはずの都会への切符を前に、春香の心は揺れ動く。

登場人物[編集]

製作・エピソード[編集]

インディーズ時代のカントリー娘。の「半農半芸」活動の出発点である北海道花畑牧場を舞台とした青春映画。映画公開の2か月前にカントリー娘。に加入したばかりのあさみにとっては、これが芸能界の初仕事であった。ロケーションはカントリー娘。の活動拠点である花畑牧場のある北海道河西郡中札内村で行われた[2][3]

初代カントリー娘。のメンバーでありデビュー直前に事故死した柳原尋美の一回忌にあたる2000年7月に完成[2]。後にファンクラブ限定でビデオ販売された。

スタッフ[編集]

音楽[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ モー娘の次はカントリー娘”. シネマトピックスオンライン (2000年6月1日). 2011年7月24日閲覧。
  2. ^ a b カントリー娘。”. PUCCHI NET (2009年5月11日). 2011年7月24日閲覧。
  3. ^ 上野敏郎 (2006年). “バーチャル市議会”. 上野敏郎WEB. 2011年7月24日閲覧。

関連項目[編集]