カンテら!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カンテら!
ジャンル トーク番組
放送期間 2021年3月30日(29日深夜)-
放送時間 毎週火曜・水曜 3:00-4:00
放送局 ラジオ大阪
パーソナリティ 関純子
豊田康雄
若田部克彦
藤本景子
村西利恵
吉原功兼
堀田篤
竹上萌奈
服部優陽
テンプレートを表示

カンテら!』は、ラジオ単営局のラジオ大阪2021年3月30日から毎週火曜日水曜日の3:00 - 4:00(月曜日・火曜日の深夜)に放送予定のトーク番組。『カンテら!』という番組タイトルは、「カンテレ」(ラジオ大阪と同じフジサンケイグループに加盟するテレビ単営局の関西テレビ放送の通称)の現職アナウンサーから2名が、日替わりでパーソナリティを務めるラジオ番組であることに由来している。

概要[編集]

ラジオ放送事業を保有していない関西テレビ(KTV)の現職アナウンサーから2名が、日替わりでパーソナリティを担当するラジオ番組。パーソナリティは、自身の持ち味を生かしたコーナーを持つ[1]ほか、担当回の構成、選曲、リスナーからのメッセージ紹介などにも携わる[2]

パーソナリティを担当するアナウンサーが、ラジオならではの双方向性を生かしながら、テレビカメラを意識せずにマイクに向かってトークで素顔をさらけ出すことを想定[3]。放送開始時点のKTVアナウンス部長である大橋雄介は、番組の開始を前に、パーソナリティを任される部下のアナウンサーに向けて「『ラジオに1度は挑戦したい』と思っているアナウンサーは、(テレビ単営局のKTVにも)少なくない。(ラジオ大阪から)大きなチャンスをいただいたので、テレビでは決して出せないパーソナリティーを出し切ってもらいたい」とのエールを送っている[2]

番組開始までの経緯[編集]

ラジオ大阪(OBC)も関西テレビ(KTV)も、前田久吉産業経済新聞社大阪新聞社などの創業者)が設立に関与。1976年度には、前田の意向から、両局の間で現職アナウンサーの相互交流(番組出向)企画が実施された。この企画にKTVから参加したアナウンサーが、当時「征平の挑戦」(同局制作・フジテレビ系列の全国ネット番組『ハイ!土曜日です』内の体当たりロケシリーズ)で名が知られていた桑原征平で、OBC平日午後の看板番組だった『みんなでみんなでリクエスト バンザイ!歌謡曲』火曜分のパーソナリティを浅川美智子(タレントジャズシンガー)とのコンビで1年間にわたって担当。担当終了後もKTVで2004年5月15日の定年退職までアナウンサー生活を全うした後に、フリーアナウンサーとして、朝日放送→朝日放送ラジオの複数の番組(『桑原征平粋も甘いも』『征平・吉弥の土曜も全開!!』など)で長年にわたってパーソナリティを務めている。

その一方で、OBCでは1969年5月6日から、毎週火 - 土曜日の3:00 - 5:00に『日野ミッドナイトグラフィティ 走れ!歌謡曲』(文化放送制作の生放送番組)の同時ネットを実施してきた。しかし、2021年3月28日(土曜日)放送分で終了することが決まったため、当該時間帯での番組編成を一新。『走れ!歌謡曲』の放送枠を引き継ぐ『ヴァイナル・ミュージック〜歌謡曲2.0〜』(3月30日スタート)の同時ネットを4時台に限定する一方で、3時台を自主編成枠へ転換したうえで、火・水曜日に当番組を放送することになった。

OBCとKTVは、毎年4月に大阪市内上方漫才大賞発表会を共催するとともに、ラジオとテレビで関西ローカル向けに生中継。両局の現職アナウンサーから各1名(2020年の第55回時点ではOBC:藤川貴央、KTV:関純子)が司会陣に加わっているほか、第40回(2005年)以降の発表会ではサイマル放送を実施している。ただし、KTVの現職アナウンサーがOBCでレギュラー番組を担当する事例は、前述した相互交流企画の終了(1977年3月)以来44年振り。KTVのアナウンサーだけが出演する番組が(OBCを含む)ラジオ局からレギュラーで放送される事例は、1958年11月22日のKTV開局以来初めてである[3]

放送時間[編集]

  • 毎週火・水曜日 3:00 - 4:00(生放送か収録かは未発表)

パーソナリティ[編集]

出演の時点ではいずれも関西テレビ(カンテレ)の現職アナウンサーで、火・水曜分とも交代で2名ずつ担当。コンビの顔触れや役割を固定しない方針で、アナウンス部長の大橋をはじめ、下記以外のアナウンサーも担当する可能性がある[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 【新番組『カンテら!』】3月29日(月)スタート!深夜のラジオ大阪で、カンテレアナウンサーがトーク!”. ラジオ大阪 (2021年2月23日). 2021年2月25日閲覧。
  2. ^ a b カンテレのアナがラジオ大阪の新番組に出演 構成など全て企画する異例の試み”. スポーツニッポン (2021年2月22日). 2021年2月25日閲覧。
  3. ^ a b カンテレがラジオ初挑戦 アナ2人が日替わりで出演 OBC新番組「カンテら!」”. サンケイスポーツ (2021年2月22日). 2021年2月23日閲覧。

関連項目[編集]

  • あどりぶラヂオ - 関西テレビと同じ在阪民放局の毎日放送2021年3月31日まではテレビ・ラジオ兼営)が2018年4月4日未明(3日深夜)から平日に編成している生放送の音楽番組。当番組開始の発表(2021年2月21日)時点では、水曜放送分のパーソナリティを毎日放送の現職アナウンサーが週替わりで担当しているほか、火曜(月3 - 4回)・水曜(毎週)放送分の放送時間が当番組と重複している。同年4月1日以降は毎日放送のラジオ放送事業をMBSラジオが承継するが、事業承継や当番組の開始に伴う対応は未定。
  • アナパラ〜Oh!ラフィーキ〜 - ラジオ大阪と同じ在阪民放局の朝日放送ラジオが朝日放送(テレビ・ラジオ兼営)時代の1998年10月から1年半にわたってレギュラーで放送。当番組と同様に、朝日放送の現職アナウンサーが交代でパーソナリティを務めたほか、企画や制作に携わっていた。
  • メダマ!?ラジオ - ニッポン放送(ラジオ大阪と同じくフジサンケイグループとNRNに加盟するラジオ単営局)が2007年度下半期(ナイターオフシーズン)の火 - 金曜日21時台に編成していたレギュラー番組。フジテレビ(関連会社でテレビ単営局)の現職アナウンサーが、ニッポン放送のアナウンサー(火・木曜日は吉田尚記、水・金曜日は増田みのり)とコンビを組みながら、1ヶ月交代で曜日別にパーソナリティを担当した。
  • 日テレラジオ 女子アナミュージックミュージアムミューミューランチBOX - ラジオ単営局のアール・エフ・ラジオ日本2003年4月7日から1年半にわたって月 - 木曜日の午後に編成していた生放送番組シリーズで、「日テレ」(関連会社でテレビ単営局の日本テレビ)の現役女性アナウンサー(当時)が日替わりで1名ずつパーソナリティを担当。
ラジオ大阪 火曜・水曜 3:00 - 4:00
前番組 番組名 次番組
カンテら!
(2021年3月30日 - )
-