カンチレバー橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
初期の片持ち橋

カンチレバー橋(かんちればーきょう、ゲルバー橋、片持ち梁橋、英称:cantilever bridge)は片持ち梁、片側だけで支えられた空間に水平に突き出る構造を使って作られた。小さな歩道橋では、カンチレバーは単純なでも構わないが、道路や鉄道の通行を処理するように設計された大きな片持橋では構造用鋼鉄製トラスまたはプレストレストコンクリート製 箱形桁が使用される。鋼トラス片持梁橋は最初に実用化されたときには1,500フィート (460 m)以上の距離に渡ることができるため、大きな技術的進歩であった。そして支保工をほとんどあるいは全く使用しないことで、交差点など困難な場所でも容易に構築物を構築することができる。

橋の構造と名称
カンチレバー橋の原理・実演
右から、ジョン・ファウラー渡邊嘉一ベンジャミン・ベイカー英語版
2014年のサンフランシスコ - オークランドベイブリッジの東区間の解体風景。建設の逆の順序で分解される。アンカーアームの下に一時的な支えが設置された。

長さの一覧[編集]

世界最長のカンチレバー橋(最長支間):[1]

  1. ケベック橋ケベック州カナダ、1919年) 1,800フィート (549 m)
  2. フォースブリッジフォース湾スコットランド、1890年)1,710フィート (521 m)
  3. 港大橋大阪市、1974年) 1,673フィート (510 m)
  4. コモドアバリー橋(チェスター、ペンシルベニア州、アメリカ、1974年) 1,644フィート (501 m)
  5. クレセントシティコネクション (二重スパン)( ニューオーリンズ、ルイジアナ州、アメリカ、1958年および1988年) 1,575フィート (480 m)
  6. ハウラー橋コルカタ西ベンガル、インド、1943年) 1,500フィート (457 m)
  7. グラマシー橋(グラマシー、ルイジアナ州、アメリカ、1995年) 1,460フィート (445 m))
  8. 東京ゲートブリッジ東京、2012年) 1,443フィート (440 m)
  9. JCヴァンホーン橋(キャンベルトン、ニューブランズウィック州&ポワンタラクロア、ケベック州、カナダ、1961年) 1,247フィート (380 m)
  10. ホレス・ウィルキンソン橋(バトンルージュ、ルイジアナ州、アメリカ、1968年) 1,235フィート (376 m)
  11. タッパン・ジー・ブリッジ(サウスナイアック、ニューヨーク、タリータウン、ニューヨーク、アメリカ、1955年 - 2017年) 1,212フィート (369 m)
  12. ルイスとクラーク橋(ロングビュー、ワシントン&レーニア、オレゴン、アメリカ、1930年) 1,200フィート (366 m)

[編集]

出典[編集]

  1. ^ Durkee, Jackson (1999-05-24) (PDF). National Steel Bridge Alliance: World's Longest Bridge Spans. American Institute of Steel Construction, Inc. オリジナルの2002-06-01時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20020601114245/http://www.aisc.org/Content/ContentGroups/Documents/NSBA5/20_NSBA_LongestSpans.PDF 2007年11月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • "Cantilever Bridge" by Sándor Kabai, The Wolfram Demonstrations Project, 2007.
  • Bridges – Their Structure and Function, Brantacan
  • Biggest of Finished Girders Go Traveling: six giants of 70 tons gave engineers a hard nut to crack, Popular Science monthly, February 1919, page 79, Scanned by Google Books: https://books.google.com/books?id=7igDAAAAMBAJ&pg=PA79
  • Wikisource-logo.svg "Bridge, Cantilever" . The New Student's Reference Work  (英語). 1914.