カンジダ症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Candidiasis
分類及び外部参照情報
寒天培地Candida albicans の培養
ICD-10 B37.
ICD-9 112
DiseasesDB 1929
MedlinePlus 001511
eMedicine med/264 emerg/76 ped/312 derm/67
MeSH D002177
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

カンジダ症(: candidiasis, thrush)とはいくつかのカンジダ属菌Candida albicansによるものが最も一般的)を原因とする真菌症の一つ[1][2]

イースト感染症と呼ばれる感染症は厳密にはカンジダ症、モニリア症oidiomycosisに分類される[3]

概要[編集]

カンジダ症の定義には口腔カンジダ症性器カンジダ症のような表在性のものから全身性の致命的となり得るものまで含まれる。後期のカンジダ症はカンジダ敗血症と呼ばれるが、これは一般的に悪性腫瘍移植後天性免疫不全症候群(エイズ)の患者のような免疫抑制状態の患者に限定して認められる。

カンジダを原因とする皮膚粘膜の表在性感染症では局部の炎症や不快症状が一般的であるが[2][4][5]日和見病原体であるカンジダ属菌にはっきりと起因するカンジダ症の症状は種々であり、経過も異なることが多い[2][4]

カンジダ症は、ビタミン欠乏症による免疫力の低下が主因で引き起こされる、悪玉菌増加による日和見感染である。カンジダ菌そのものは、元来はヒトの体表や消化管、それに女性の膣粘膜に普通に生息するもので、多くの場合は特に何の影響も与えない。また味噌やワインの発酵などにも関与している。

主な治療法は、ビタミン剤と乳酸菌整腸薬の内服と抗真菌薬の外用が効果的である。

関連項目[編集]

引用[編集]

  1. ^ Walsh TJ, Dixon DM (1996). “Deep Mycoses”. In Baron S et al. eds. (via NCBI Bookshelf). Baron's Medical Microbiology (4th ed.). Univ of Texas Medical Branch. ISBN 0-9631172-1-1. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/bv.fcgi?rid=mmed.section.4006. 
  2. ^ a b c MedlinePlus Encyclopedia Vaginal yeast infection
  3. ^ James, William D.; Berger, Timothy G.; et al. (2006). Andrews' Diseases of the Skin: clinical Dermatology. Saunders Elsevier. ISBN 0-7216-2921-0. 
  4. ^ a b Fidel PL (2002). “Immunity to Candida”. Oral Dis. 8: 69–75. doi:10.1034/j.1601-0825.2002.00015.x. PMID 12164664. 
  5. ^ Pappas PG (2006). “Invasive candidiasis”. Infect. Dis. Clin. North Am. 20 (3): 485–506. doi:10.1016/j.idc.2006.07.004. PMID 16984866.