カワード2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カワード2世
𐭪𐭥𐭠𐭲
サーサーン朝の王
628年にシャフレ・レイで鋳造されたカワード2世のコイン。

在位期間
628年2月25日 –
628年9月6日
先代 ホスロー2世
次代 アルダシール3世

出生 590年
死亡 628年9月6日(37-38歳没)
父親 ホスロー2世
母親 マリア
子女
アルダシール3世
信仰 ゾロアスター教
テンプレートを表示

カワード2世(Kavad II、パフラヴィー語: 𐭪𐭥𐭠𐭲、Kawād、ペルシア語: قباد)は、628年に在位したサーサーン朝の王(シャー)。

治世[編集]

カワード2世はその治世中において、キリスト教徒に完全な信教の自由を与えた[1]

出典[編集]

  1. ^ Neusner 1990, p. 161.

参考文献[編集]

  • Neusner, Jacob (1990). Judaism, Christianity, and Zoroastrianism in Talmudic Babylonia. Scholars Press. ISBN 9781555404741 
カワード2世


存命中

先代
ホスロー2世
サーサーン朝の王
25 February 628 – 6 September 628
次代
アルダシール3世