カレン・シャフナザーロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カレン・シャフナザーロフ
Каре́н Шахназа́ров
Каре́н Шахназа́ров
2016年
本名 Каре́н Гео́ргиевич Шахназа́ров
生年月日 (1952-07-08) 1952年7月8日(70歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 クラスノダール
職業 映画監督映画プロデューサー脚本家
著名な家族 ゲオルギー・シャフナザーロフ(父)
テンプレートを表示

カレン・ゲオルギエヴィチ・シャフナザーロフKaren Georgievich Shakhnazarov, PAR, ロシア語: Каре́н Гео́ргиевич Шахназа́ров; 1952年7月8日 - )は、ソビエトロシア映画監督映画プロデューサー脚本家である。1998年にモスフィルム・スタジオの事務局長となった。

父はアルメニア系の政治家のゲオルギー・シャフナザーロフである。

2005年よりPublic Chamber of Russiaのメンバーである。

2012年の映画『ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火』は第85回アカデミー賞外国語映画賞でロシア代表となった[1]

2022年4月28日以降、マスコミ及びTelegramチャンネルにおいて、ロシア第一チャンネル で彼がZシンボルの反対者を強制収容所、再教育、強制断種によって威嚇しているように思われるビデオが大量にあらわれた[2][3][4]。 5月3日、シャフナザーロフは文脈から切り離された引用だと反論した[2]

彼の説明は以下である(全文): …даже противники вот этой должны понимать, что если они рассчитывают, что их пощадят, нет, их не пощадят. Нет, это всё по серьёзному уже. Это в случае чего концлагерея, перевоспитание, так сказать стерилизация, это всё очень серьёзно. Тут вопрос России решили решить окончательно, как Гитлер принял решение еврейского вопроса. Вот в отношении России приняли решить так же… |источник=Вечер с Владимиром Соловьевым. Трассеры Лиз Трасс и "люкс" для Украины. Эфир от 28.04.2022[5] この発言は、西側がロシア民族に関する問題を「最終解決」する際の手法に関するものであり、Zのシンボルへの反対者さえも同じ運命が待ち受けているのである[6].

主なフィルモグラフィ[編集]

作品名 クレジット
1984 ジャズメン
Мы из джаза
監督・脚本
1985 ガーグラの冬の旅
Зимний вечер в Гаграх
監督・脚本
1987 メッセンジャー・ボーイ
Курьер
監督・原作
1990 ゼロシティ
Город Зеро
監督・脚本
1991 Цареубийца 監督・脚本
1993 Сны 監督・製作
1995 アメリカの娘
Американская дочка
監督・脚本
1998 День полнолуния 監督・脚本
2001 Яды, или Всемирная история отравлений 監督・脚本
2002 東部戦線1944
Звезда
製作
2004 蒼ざめた馬
Всадник по имени смерть
監督
2008 Исчезнувшая империя 監督・製作
2009 Палата № 6 監督・脚本
2012 ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火
Белый тигр
監督・脚本・製作
2015 スターリングラード大進撃 ヒトラーの蒼き野望[7]
Дорога на Берлин(ベルリンへの道)
製作

参考文献[編集]

外部リンク[編集]