カレリアントレインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カレリアントレイン(Karelian Trains)は2010年よりアルストムペンドリーノを用いて運行されているフィンランドヘルシンキロシアサンクトペテルブルクを結ぶ国際列車である。2007年9月にペンドリーノ編成が発注された[1] 。従来、両国都市間の所要時間は5時間程度を要していたが、新車両導入後は3時間台へ大幅に短縮されている[2]。運行開始は2010年12月12日で、一日あたり2往復しているが2011年5月には増発される[3][4] 。ヘルシンキ、モスクワ間の夜行列車の運行は以前のように継続されている。

これに先立ち、2006年9月23日ロシア鉄道(RZhD)とVRグループの間で両社50%ずつ出資の国際列車の運行を行う合弁事業会社Oy Karelian Trains Ltd(カレリアントレインズ社)が設立され、ヘルシンキに登記されている[5] 。カレリアントレインズでは国際列車の名称を、音楽用語で「早い」を意味するアレグロ(Allegro)として運行する[2]

フィンランド、ロシア間の往来では査証が必要となるが、列車の速達化のためパスポート税関のチェックは列車内で行われる。従来の方法では、時刻表上チェックのため30分余計にかかる。

車両[編集]

導入される車両は現在、フィンランド国内で運用されているペンドリーノシリーズであるVR Sm3と似た編成であるが、新型のペンドリーノイタリア国鉄ETR600電車)をベースとしたSm6が使用され、VRグループの交流25kVに加えてロシア鉄道の直流3kVに対応した交流直流両用仕様である。新ブランドに対応した車体の配色がされている[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Karelian Trains awards Pendolino contract”. レールウェイ・ガゼット・インターナショナル (2007年9月5日). 2007年9月5日閲覧。
  2. ^ a b Uudesta Helsinki-Pietari-junasta Allegro” (Finnish). HS.fi. Helsingin Sanomat (2008年12月29日). 2008年12月29日閲覧。
  3. ^ “Allegro launch cuts Helsinki - St Petersburg journey times”. Railway Gazette International. (2010年12月13日). http://www.railwaygazette.com/nc/news/single-view/view/allegro-launch-cuts-helsinki-st-petersburg-journey-times.html 
  4. ^ Timetables
  5. ^ Karelian Trains gets go-ahead”. レールウェイ・ガゼット・インターナショナル (2006年11月). 2007年9月5日閲覧。
  6. ^ Allegro: the new high-speed rail connection between Helsinki and St. Petersburg”. Press release. VR Group (2008年12月29日). 2008年12月29日閲覧。

外部リンク[編集]