カレドン湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カレドン湾(カレドンわん、 Caledon Bay)は、オーストラリアノーザンテリトリー(北部準州)のアーネムランドの東海岸に位置するであり[1]、おおむね南緯12.8度、東経136.5度に位置している。この湾に面した地域は、オーストラリア先住民とそれ以外のオーストラリア人たちとの関係を転換される契機となった1930年代カレドン湾危機の際に注目を集めたヨルング族英語版の居住地域として、おそらくは最もよく知られている。

カレドン湾は、マシュー・フリンダース1803年2月3日に、アボリジニたちとの遭遇の記録を残し、彼らを「オーストラリア人 (Australians)」と記した場所でもある。この記録は、この大陸の住民を指してこの言葉を用いた最初期の用例のひとつであった。フリンダースは、これより前にも、この言葉を以前にも日誌で用いており、1802年3月4日には現代のポートリンカーン付近で3-4人のアボリジニを見かけた際にもこの言葉を用いている。

カレドン湾
雨温図説明
123456789101112
 
 
305
 
25
24
 
 
161
 
27
25
 
 
336
 
28
26
 
 
224
 
26
25
 
 
84
 
26
22
 
 
20
 
22
21
 
 
8
 
24
22
 
 
4
 
25
22
 
 
3
 
28
24
 
 
9
 
28
25
 
 
67
 
30
25
 
 
78
 
27
24
気温(°C
総降水量(mm)
出典:[2]

気候[編集]

この地域の年平均気温は25°Cである。最暖月は11月で月平均気温は28°Cとなり、最寒月は6月で22°Cとなる[2]。年間降水量は1,299mm。降水量が最大となるのは1月で336mm、逆に最も乾燥するのは8月で降水量はわずか3mmである[3]ケッペンの気候区分では、熱帯 (A) で冬季に乾燥する (w) サバナ気候 (Aw) に分類される。

脚注[編集]

  1. ^ 鎌田真弓「ダーウィンの真珠貝産業と日本人」『NUCB journal of economics and information science』第57巻第2号、名古屋商科大学、2013年、 213頁。 NAID 110009575869
  2. ^ a b NASA Earth Observations Data Set Index”. NASA. 2016年1月30日閲覧。
  3. ^ NASA Earth Observations: Rainfall (1 month - TRMM)”. NASA/Tropical Rainfall Monitoring Mission. 2016年1月30日閲覧。

座標: 南緯12度50分20秒 東経136度32分18秒 / 南緯12.838859度 東経136.538452度 / -12.838859; 136.538452