カレイジャス・キャット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カレイジャス・キャット』(英語: Courageous Cat and Minute Mouse)は、1960年から1962年までアメリカ合衆国で放送されていたトランス・アーティスト・プロダクション(英語: Trans-Artists Productions)製作のテレビアニメ。アメリカでは番組販売方式で放送されていた。全130話。

キャラクター[編集]

本作のキャラクターは、『バットマン』の生みの親であるボブ・ケイン英語版が手掛けた。

カレイジャス・キャット
- ダラス・マッケノン英語版
本作の主人公。ミニュートと一緒に行動している。
ミニュート・マウス(ミニット・マウス)
声 -
本作のヒロイン。カレイジャスと一緒に行動している。
ザ・チーフ
声 -
マリリン・マウス
声 -
ミニュートの友人。映画スター。
サッシー・ボーンズ
声 -
ペリスコープ・ピート
声 -
チャンシー・フラット・フェイス・フロッグ
声 - エドワード・G・ロビンソン

日本での放送[編集]

NHKでの放送[編集]

日本では、まず1960年10月6日から1961年10月1日までNHK総合テレビで放送[1][2]。この当時のタイトルは『カレイジャス・キャット』であった。

1961年3月30日までは毎週放送ではなく、舞台中継や単発番組などの放送枠である木曜19:30枠で不定期放送されていた。また、この当時は終了時刻も毎回不定であったが、同年4月9日からは毎週日曜 17:35 - 18:00 (日本標準時)にレギュラー放送されるようになった。ただしこの時間帯へ移動してからも、大相撲中継がある日には17:45からの放送になるなど多少の変動はあった。

民放での放送[編集]

NHKでの放送後、1964年7月16日から同年11月5日まで日本テレビで放送された。放送時間は毎週木曜 18:15 - 18:45。この時のタイトルは『スーパー・キャット』であったが、後に同局の『おはよう!こどもショー』で再放送された際にタイトルが『突撃キャット君』に変更された。

上記のタイトルは、東京12チャンネル(現・テレビ東京)の『まんがキッドボックス』や『マンガのくに』で放送された時にも使われた。また同局では、同じアメリカ産アニメである『もうれつバット君』(英語: Batfink)とのセットで放送された。

日本語版スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

NHK総合テレビ 日曜17:35枠
前番組 番組名 次番組
ひとすじの道
(1960年1月29日 - 1961年3月5日)
※17:30 - 18:00
【日曜17:00枠へ移動】
カレイジャス・キャット
(1961年4月9日 - 1961年10月1日)
ロッキー君とゆかいな仲間
(1961年10月8日 - 1962年3月25日)
日本テレビ系列 木曜18:15枠
前番組 番組名 次番組
ウッドペッカー
(1962年7月 - 1964年7月9日)
スーパー・キャット
(1964年7月16日 - 1964年11月5日)