カルロ・コッチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カルロ・コッチャ
Carlo Coccia
Carlo Coccia.jpg
基本情報
生誕 1782年4月14日
ナポリ王国の旗 ナポリ王国ナポリ
死没 (1873-04-13) 1873年4月13日(90歳没)
イタリア王国の旗 イタリア王国ノヴァーラ
ジャンル クラシック
職業 作曲家

カルロ・コッチャ(Carlo Coccia, 1782年4月14日 - 1873年4月13日)は、イタリアオペラ作曲家オペラ・セミセリアの分野で知られる。

生涯[編集]

コッチャはナポリに生まれた。この地においてピエトロ・カゼッラ、フェデーレ・フェナローリジョヴァンニ・パイジエッロの下で学ぶ。パイジエッロからジョゼフ・ボナパルトへと紹介されたコッチャは、王の私的な音楽家となった。処女作となった1807年のオペラ『Il matrimonio per lettera di cambio』は失敗に終わる。しかし、翌年にパイジエッロの助力を得て書かれた2作目のオペラ『Il poeta fortunato』は好評を博した。

ヴェネツィアへと移ったコッチャは、オペラ・セミセリアへと集中するようになる。おそらく1815年の『Clotilde』がその最たるものであろう。他の作曲家の模倣、またあまりにもオペラの粗製濫造が過ぎると非難された彼は、やがてジョアキーノ・ロッシーニの台頭の影に隠れることになる。リスボンへと退いたコッチャは1820年から1823年の間をここで過ごした。その後1824年ロンドンに居を構え、ヒズ・マジェスティーズ・シアターの指揮者となった。1827年にはソプラノジュディッタ・パスタのために『Maria Stuarda』を作曲する。彼女と有名なバスであったルイジ・ラブラーシュがキャスティングされていたにもかかわらず成功には至らず、公演はわずか4回しか行われなかった。

イタリアに帰国したコッチャはオペラ・セリアへ注力し、1833年の『Caterina di Guisa』ではいくらか成功を収めた。しかし、そのためには流行りのガエターノ・ドニゼッティヴィンチェンツォ・ベッリーニに競り勝たねばならなかった。コッチャは『ロッシーノのためのミサ』の作曲に参加しており、「II.セクエンツィア」より第7曲「ラクリモーサ、アーメン」を担当している。

コッチャは1837年ノヴァーラ楽長となり、またトリノ音楽院の院長に就任、この地で1841年に最後となるオペラを書き上げた。彼はノヴァーラに没した。

主要作品[編集]

オペラ[編集]

詳細はコッチャのオペラ一覧(英語版記事)を参照
  • La donna selvaggia』 (1813年)[1]
  • Caterina di Guisa』 (1833年)

宗教音楽[編集]

宗教音楽は以下の通り[2]

  • 25のミサ曲
  • カルロ・アルベルトのための鎮魂ミサ (1849年)
  • 15のモテット
  • 21のヴェスペレ
  • 17のタントゥム・エルゴ
  • 3つのミゼレーレ
  • テ・デウム
  • スターバト・マーテル

その他[編集]

その他の作品[2]

  • 大管弦楽のための序曲
  • 管弦楽伴奏つきのモノローグ『Ero
  • 混声合唱、管弦楽と3つの軍楽バンドのための『Il Lusitano (o I Lusitani)ジョアン6世のブラジルからリスボンへの帰還を祝して (1821年)

出典[編集]

  1. ^ Anderson. 2010
  2. ^ a b Coccia (Carlo), in François-Joseph Fétis, Biographie universelle des musiciens et bibliographie générale de la musique. Supplément et complément., vol. 1, Parigi, Firmin-Didot (Paris), 1878-1880 online

参考文献[編集]

外部リンク[編集]